ABOUT ME

はじめまして。MONXです。
2016年末からバンコクに住むことになりました。

軽く自己紹介です。

外国文化に興味を持ったきっかけ

治安が悪いと有名な多国籍団地で育つ

+興味のある方はクリックをどうぞ

育った場所は84棟まであるマンモス団地。市が東南アジアの難民受け入れを始めた1975年以降に外国人が増えていったそう。

今から十数年前は「日本の中の異国」と称され地域の問題などを扱う夕方のニュースで特集される。その頃は文化や常識の違いで外国人と日本人の対立が目立っていて、放送内容もネガティブなものだったそうです。

サブカルチャーやマニアックなものが好きな人向けのサイトなんかでも特集されたりしているのでご存知の方もいるかもれません。

取材が来ていた当時は小学生。「取材だ!」とみんなで騒いだのを覚えています。

生徒は団地の子。クラスの1/3は外国人でベトナム、カンボジア、ラオス、中国籍が多かったです。妹の世代になると国籍も増えて、ペルー、ボリビア、ブラジルなどの南米やイランなどの中東の子もいました。

外国籍の子は自国の言葉や歴史を勉強する「国際」という授業を受ける時間があり、学校全体で「外国文化を知ろう」という意識が強かったです。

外国籍のお母さん達が自国の料理を振舞ってくれるイベントなんかもありました。

友達の家に行けば怪しいお菓子をもらえたり、ベトナム語を強制的に覚えさせられたり(笑)

団地内を歩けば異国のおいしそうな料理の匂いを感じたり、道端で宴会をしてる大人にドリアンを食べさせられてオエってなったり。

自分の家では感じることのできない事をたくさん知ることができたので、私はこの団地が大好きでした。

その一方で治安は褒められる地域ではありませんでした。

遊んでいて高層階から生卵やビンが降って来る。

近所の人が12階から自転車を落とされたり、車が燃やされることも。

普通の地域だったらニュースになっているんだろうなーということが頻繁に起きていました。未成年の傷害、窃盗、麻薬関係の問題も多かったです。

それも含め、日常の事として過ごしていたので、治安が悪いことに気づいたのは中学以降。ほかの地域の子達と知り合うようになってからです。

今ではインターナショナルな地域と取材される「日本の中の異国」

団地も高齢化が進み、悪さをする元気な子供達が少なくなり(笑)、昔のような治安の悪さはなくなったと思います。

最近ではゴールデンタイムのバラエティーでポジティブな特集される事もあるそう。だいぶ明るいイメージに変わりつつある地元。よかったよかった。

初めてのタイ旅行で懐かしさがよみがえる

タイに来た時にある意味衝撃を受けました。「この雰囲気しってる!!!!」屋台のにおいやのんびりしたタイ人の雰囲気。とても懐かしい。

あの地元の雰囲気を作ったさすがは本場の環境!懐かしさに加えて刺激も多い!人生で一度は東南アジアに住んでみたいと思うようになりました。

タイミングと勢いで移住

語学スキルを一切持っていない!けど住んじゃえ!

仕事はアパレル、歯科医院と日本語にどっぷりの生活。
育った地域は東南アジア文化だけど実際の私は暑いのも辛いのも苦手。

でもタイ料理はだいすき、タイも大好き!

バンコクは日本人が住みやすい国と言われていますが、それにしても頼りない軟弱者が果たして生きていけるのか。

そんな日々の記録をブログとして残し「海外で暮らしてみたいけど、自分がやっていけるのか」と悩んでいる方が「こんなよわっちい奴でもタイなら楽しく暮らしていけるんだ!海外行ってみようかな!」と感じてもらえたらいいなと思い恥さらし承知で記録をしていきたいと思います。

異文化大好き!好奇心だけは強いほう!

東南アジアには日本の常識では考えられない文化や自然、観光スポットがたくさんあります。

そんなおもしろい文化をこのブログを通してみなさんと一緒に色んな事を知っていきたいな共有したいなという思いがあります。

「こんなところ行ってきてほしいんだけど!」「こんなの食べてきて感想教えてよ!」を教えていただければどんどん行きます!どんどん食べます!

初めてのブログの為読みにくい部分、お見苦しい部分が多々あると思います。

日々改善をしていきたいと思いますので、ぜひみなさんの声を聞かせてください

よろしくお願いします

お問合せ gloat.algea□gmail.com
(□を@に変えてください)

  • Share: