古着好き必見のタイにあるローカル市場!その名もミンブリーマーケット!

By 000 - 2020年3月8日

古着好きの筆者、2時間通しで古着漁りました

  1. ミンブリーマーケットの古着
  2. ・100円でお宝ゲットできるかも!
  3. ・日本国内有名ブランドが20バーツ
  4. ミンブリー市場の敷地内
  5. ミンブリー市場へのアクセス
  6. ・チャトチャック2から徒歩5分

タイトルクリックでジャンプできます

ミンブリーマーケットの古着

ミンブリーマーケットは巨大ローカルマーケット。
生活用品から食材、地域住人が集まる有名な場所です。

100円でお宝ゲットできるかも!

敷地内を進むと現れる服の山!しかもお値段29バーツ!!!

隙間なくラックに商品が詰め込まれていますが、思ったよりも整理されているお店が多かったです。
レディース、メンズで分類されているのはもちろん、
白物やネルシャツ、ニットなどある程度探しているアイテムの目星をつけて漁ることができたので見やすかった。

日本国内有名ブランドが20バーツ

一見、ゴミと間違えそうとかいわないで。
実は日本から流れてきているものも多く、世界的に有名なブランドでなければかなりの低価格で転がっています。
SHIPSとかタイの人知らないよね笑

ミンブリー市場の敷地内

グーグルマップで距離を測ると縦250m、横180mの敷地内。

上画像の真ん中、グレー丸の中には様々な店舗が並びます。

食事エリアも存在しますが暑いのが嫌だったので筆者は☆部分のミスドで休憩。通りから市場の敷地内を進む途中に大手チェーン店Amazon cafeも見かけました。

また、帰路でバスを選択される方は右上のバスターミナルからどのバスも出発します。ターミナル内のピンク☆はお手洗いです。職員たちが休憩する場所を通りますが誰でも使用していいみたいです。

ミンブリー市場へのアクセス

チャトチャック2から徒歩5分

↓こちらにアクセスについて記載しています。

ちなみに514番バスを使用した場合、 Sihaburanukitに入り最初に到着するのが偶数側のミンブリーマーケット1になります。訪れたときも車掌が「ミンブリー!ミンブリーマーケット!」ってアナウンスをしていて、ほとんどの乗客が下車。

偶数側も路面店が多かったので筆者も下車しました。

下車したすぐそばに写真のような場所を見つけました。進んでみるとマーケットっぽい敷地!しかし
ちーん。

結構広い敷地でしたが夕方以降の開店なのか廃れているだけなのか残念な結果でした。余計な体力を消耗されたくない場合は終点のバスターミナルまで進んでしまった方がいいかもしれません。

まとめ

今回は古着に焦点を絞り、同日にチャトチャック2とミンブリー市場を回りましたが結構体力を使いました!東南アジアのマーケットを見慣れていない方には食材なんかも見るのは楽しいかと思います。

全ジャンル網羅されたい方は身軽で涼しい服装、また水分補給必至です。屋根つきの場所も多いですが、なんせ熱気があるのでいつの間にかカラッカラになっていました。

最後までありがとうございました

You Might Also Like

0 コメント