EAT

バンコク・オールドタウンの有名なマックおじさんの豆花屋台

チャオクワイとタオフアイ

By 000 - 2020年3月29日

バンコクのワットポー周辺エリアの路地に毎日お客さんのために開いているマックおじちゃんの屋台。
毎日開店と同時に地元民が列を作って待つそうです。

  1. チャオクワイとタオフアイってなに?
  2. ・チャオクワイ
  3. ・タオフワイ
  4. マックおじさんの屋台はどんな感じ?
  5. ・タイ語だとラーンタオフワイルンマックと呼ばれるそう
  6. ・大人気!マックおじさんの屋台
  7. ・気になるお味は?
  8. マックおじさんの屋台はどこにある?
  9. ・最寄り駅はsanam chai

タイトルクリックでジャンプできます

チャオクワイとタオフアイってなに?

チャオクワイ

日本語だと仙草ゼリーと呼ばれることが多い。
仙草というハーブを煮詰めて固めたもので細かく砕いた氷と黒糖?シロップ、お店によってはブラウンシュガーをまぶした夏にぴったりのスイーツです。

タオフワイ

豆花と同じようなものですが、タイの豆花は甘いシロップではなくアツアツで甘辛の生姜湯に豆腐が入っています。カリカリに上げた小さなパートンコーをトッピングするとおいしさ倍増です。

チャオクワイ、タオフアイ共にバンコクの伝統的なスイーツ。素朴な味で老若男女に人気があります。コンビニにも売っていますが、激アマなので筆者はお店で食べるほうが好きです。

マックおじさんの屋台はどんな感じ?

タイ語だとラーンタオフワイルンマックと呼ばれるそう

60年近く一人で仕込みからお店の切り盛りまでしているそうです。

ワットポー近くの路地にお店はあります。
いつも11時頃から開店するようですが、開店と同時に人だかりができるので、看板はありませんがすぐにわかると思います。

大人気!マックおじさんの屋台

訪れたのは11時過ぎ。
まだチャオクワイが手つかずだったので開店したばかりのようですが、列が出来ていました。しかも購入数がみんな一袋じゃないw10袋以上購入されておりました。

マックさんが一人で淡々と袋詰めしていますが、途中から常連さんであろうお客さんも袋詰めを手伝い始めましたww

10分ほど待ったころ、前に並んでいたこれまた常連であろうお客さんが私達のオーダーを確かめてくれました。チャオクワイとタオフアイひとつずつだった為か、先に順番まで譲ってくれました。

暑くて暑くて大汗かいてたからありがたかったー!
なんせ炭火でコトコト煮込んでいる生姜湯の目の前に並んでいたものでww

写真を撮っていたらマックさんがヤカンの蓋をあけて見せてくれました。

気になるお味は?

タオフアイ、チャオクアイ共に甘さ控えめの大人のデザート。

生姜湯のタオフアイは先述のヤカン写真からお察しいただけるように、ショウガエキスがとーっても濃く出ております。一発で風邪治っちゃいそうです。

豆腐は濃密な舌触りで、小さなパートンゴーがいいアクセントになっていておいしかったです。

欲を言えば涼しい部屋で食べたかったw
暑い屋外で熱いスープを飲み、なおかつショウガパワーで体の中からもポカポカしてくるww

体が火照ったタイミングでクラッシュアイスの入ったチャオクワイで体を冷やす。これはエンドレスリピート。チャオクワイはしっかりとした弾力があっておいしかったです。お好みでブラウンシュガーの追加も可能です。

マックおじさんの屋台はどこにある?

最寄り駅はsanam chai

地下鉄が延線したおかげでだいぶアクセスしやすくなりました。

sanam chai駅は有名な観光地ワットポーの最寄り駅になります。
ワットポーとは反対の方角にはなりますが駅から3分ほどの場所になるのでアクセスはいいです。
営業は月曜以外、11-16時頃までのようです。一杯たったの15バーツでいただけるタイの伝統的な屋台デザートのご紹介でした。

最後までありがとうございました

You Might Also Like

0 コメント