タイで一番大きな仏様と地獄の世界と鏡張りのギラギラお堂を一度に楽しめる!欲張りさんにおすすめのワットムアン

By 000 - 2020年2月16日

1度で3つの見所を楽しむことが出来る。
そんな珍しいお寺ワットムアンをご紹介します。

  1. ワットムアンの場所
  2. ・ワットムアンまでの公共交通手段は無い
  3. ワットムアンの見所、地獄
  4. ワットムアンの見所、鏡張りのギラギラお堂
  5. ワットムアンの見所、タイで一番大きな座仏
  6. ・大きな右手にお祈り
  7. その他ワットムアンでの時間の過ごし方
  8. ・ポニー
  9. ・食事やお土産

タイトルクリックでジャンプできます

ワットムアンの場所

バンコクから車で2時間

ワットムアンはアユタヤよりちょこっと北のアントン県にあります。

バンコクからアユタヤを見たついでに足を伸ばせる距離がうれしい。

しかーしワットムアンまでの公共交通手段は無い

バンコクからアユタヤ、またはアントンまでモーチットのミニバスターミナルからロットゥ(ミニバス)が運行しています。

またアユタヤまでなら国鉄も利用可能。席種類関係なければ1日に10本以上運行があります。最近はネットでチケットの確認も可能です。ご参考までに→タイ国鉄チケットサイト

アユタヤ、アントンに到着後はタクシーやトゥクトゥクでワットムアンまで。お寺から町に帰る方法がないので往復の交渉が安心です。もしかしたら、夕方までであればソンテウが運行しているかもしれません。ただ、実際に見ていないので交渉してしまったほうが確実です。

ワットムアンの見所、地獄

正面入り口を入りしばらく進むと、タイで一番大きな座仏よりも先に現れるタイ寺あるある地獄の世界です。

訪れたのは正月休み期間。多くの家族連れが楽しそうに血みどろオブジェと写真撮影をしていました。

地獄の住人は見上げる大きさのピーから定番スタイルまで網羅していたので地獄寺マニアで無い限り、ほとんどの方が満足できる地獄の内容かと思います。

またアユタヤ王朝時代のビルマとの戦いについてのオブジェも見かけました。アユタヤ周辺地域ならではですね。

ワットムアンの見所、鏡張りのギラギラお堂

ワットムアンは割と広い敷地ですが、歩いているとギラつきが滲み出ているソレっぽい建物を発見できました。

中に入るとそこは鏡の世界~

鏡張りのお堂はタイでも珍しいのか参拝しているタイ人も写真撮影をしている人が多かったです。

それにしてもキラッキラ!

ワットムアンの見所、タイで一番大きな座仏

お寺に到着する前から、何もない田舎道にどどーんと鎮座していたので大きい事は既知でしたが

近くで見ると本当に大きかったですねぇ~!

大きな右手にお祈り

座仏の足元まで階段を上る右手の前に列が出来ていて、みなさん薬指、中指、人差し指へ順番に手を添えてお祈りしていました。

そのほかワットムアンでの時間の過ごし方

ポニー

子供限定で乗る事が出来るようです。いつもいるのかな?

食事やお土産

敷地内には食事が出来るお店があります。屋根付きで扇風機も回ってましたが時期によってはだいぶ暑くなりそうですがタイのローカルご飯を食べることが出来ます。ガパオが4-50バーツだった記憶。

食堂の並びにはタイのお菓子やおもちゃ、雑貨を売っているお店が並んでいました。

お寺ひとつでこんなに見所があるワットムアンはタイ旅行初めてでもリピーターでも楽しめるのではないでしょうか。それでは最後までありがとうございました

You Might Also Like

0 コメント