タイの引っ越し。物件の見つけ方は?どんな準備が必要?

By 000 - 2019年5月1日

引っ越し業者に一切頼まず、自分の足だけで引っ越しをした記録です。
お金がある人は全て頼んでしまえばいいのでこの記事は参考になりませんw

  1. バンコクで安くていい物件はどうやってみつける?
  2. ・自分の足でひたすら訪問
  3. ・物件サイト
  4. ・タイ人、または知人から紹介
  5. 1件目のタイのコンドに住んでみて思った事。引越し先に求めること
  6. ・コンドがきれい過ぎると日本と変わらない居住環境
  7. ・タイの太陽光は強すぎる
  8. ・網戸と換気扇
  9. バンコクの物件を内見しよう!
  10. ・アポなし訪問で結構見られる
  11. ・わがままはとりあえず言ってみるべし
  12. 解約と引越
  13. ・物件の解約
  14. ・AISネットワークの解約
  15. ・入居日まで
  16. ・部屋の片付け
  17. 入居、ゴキ○リパラダイス
  18. ・残されていた食品

タイトルクリックでジャンプできます

引っ越しまでの流れは以下5つの流れでした。

  • 物件をみつける
  • いつ引っ越すのか決める
  • 現オーナーへ解約希望連絡
  • 片付け
  • 引っ越し
  • バンコクで安くていい物件はどうやってみつける?

    自分の足でひたすら訪問

    ネットに載らないローカル色の濃い物件に住んでみたい方はこの方法がおすすめ。数千バーツの物件が見つかります。ただびっくりする環境の場合もあるので入念なチェックが必要。とにかく歩き回る体力と飛び込み出来る社交性がポイント。

    安いローカル物件の落とし穴
    冷房なし、お湯が出ない物件は当たり前ですが、ローカル物件に住んでいる知人達の話を聞くと地味に堪えるのが爆音騒音問題らしいです。
    元々音楽好きなタイ人は日本では考えられない時間に考えられない場所で考えられない音量で音楽を流します。

    夜の繁華街近くに住んでいた人は真夜中に爆音で流される音楽に家の窓が振動していたと言っていました。夜の騒音問題で眠れない人が続出。これが理由で引っ越した人を何人も知っています。ローカル物件に住みたい方はこのあたりはチェックが不可欠ですね!。

    物件サイト

    たくさんの物件が簡単に見つかるのがこの方法。アパート、コンドからタウンハウスまで検索できて穴場物件多し。リンクのrenthubは使いやすいサイトです。Apartment for Rent in Bangkok and Thailand | Renthub.in.th

    ただ闇雲にみてるだけだと件数が多くて全然決められないと思うので、ある程度譲れない条件を絞って検索するのがおすすめ。
    またブラウザ検索で住みたい駅名、広さ、値段など条件を入れたらメジャーな物件サイトに掲載がないものもヒットしました。

    タイ人、または知人から紹介

    運次第なのがこの方法。いい物件を破格で借りられる確率が高いのもこの方法。タイ国内に知人がいない場合は現実的な方法ではないですね。

    1件目のタイのコンドに住んでみて思った事。引越し先に求めること

    コンドがきれい過ぎると日本と変わらない居住環境

    筆者が初めて住んだコンドは8階建ての7階角部屋。1ベットルーム。角部屋寝室は足元から天井の高さまでの窓が4面中2面にある作りで、とにかく明るかった。部屋も白を基調とした作りでさわやか。築年数も若かったので家具や壁に傷もない。

    敷地内はいつも静かで住人は外国人も多く、全体的に整ったコンドでした。コンドの注意事項は料理の臭いや騒音気をつけて!洗濯物をベランダから飛び出さないように干して!など結構厳しくゴミの分別もしっかりする。筆者としてはタイでの生活に求めているのはこれじゃない感がとてもありました。

    タイの太陽光は強すぎる

    窓が多い角部屋は明るいけど部屋が蒸し風呂になります。窓が多かったので風は抜けましたがそれではカバーしきれない太陽光による熱。日中に蓄えた熱が夜に引くことはなく冷房必須。タイの環境はこれが普通だと思っていましたが友人宅を訪問した際、部屋の涼しさに驚愕しました。

    網戸と換気扇

    タイの食環境なら料理はしなくても困ることはありません。が、料理が好きな方は換気扇がない物件も多いのでチェックが必要です。筆者がほしかったのは網戸!朝夕は7階でも窓を開けていると蚊の侵入が半端ない!!!!網戸がついていても立て付けが悪い物件もあるのでチェックが必要ですね。

    あとは下町に住んでいるので騒音がひどくない、下町の雰囲気がある物件を求めていました。

    引っ越し先の絶対希望条件は網戸有り、二口コンロ有り、50平米くらいの広さ、部屋が蒸し風呂にならない、家周辺にご飯屋さんが多い、駅まで10分以内。

    贅沢言って湯船が欲しい!でした。

    わがままだよねーと思いながらも物件サイトで探すと築年数にこだわらなければ意外と安い物件がありました!

    バンコクの物件を内見しよう!

    目星をいくつかピックアップしたらオーナーへ連絡、または建物受付へ行って内見したいことを伝えます。

    アポなし訪問で結構見られる

    物件サイトに記載がある連絡先へメッセージをしても音沙汰ない事が結構多い。今回5件メッセージしましたが全てスルー。建物にアポなし訪問したら全てのコンドで似たような間取りの空室を見せてもらえました。

    わがままはとりあえず言ってみるべし

    筆者の場合、サイトで目星をつけた物件を見に行くと既に契約済みでした。レセプションで同等の部屋があると教えてもらえたので見に行き、ビビッと直感でここがいい!と思い即決。 レセプションの谷間ガッツリセクシーお姉さんにオーナーへ連絡してもらう。

    もともと相場的に高くなかった家賃ですが試しに値引きをお願いすると千バーツ下げてくれました!コップンマーカー!

    解約と引越し

    物件の解約

    ちょうど4月下旬が契約更新だったので3月頭の時点で、3/31付の解約希望を出していました。引っ越し先が決まってから現コンドのレセプションに、最後のオーナーによる部屋チェックは退去日の17時で希望を出し了承。

    結局、退去日約束の時間になってもオーナーとコンドのスタッフは来ず。レセプションに行ってみると後日オーナーが来ることになったから鍵だけ返してもう退去でOKよ。って。アバウト笑

    解約2週間後、前コンドからルームチェックが完了したから敷金の返金額を教えると連絡が入りました。今回は使った光熱費だけが抜かれてほぼ全額返ってきました!やったー!きれいな壁のペンキを剥がしたり、エアコンから垂れた水で棚からキノコ生えたりしてたけどwもちろんキノコは毟ったけども。なーんてゆるいんでしょう!結構な額クリーニングで引かれると覚悟していたのでうれしかったです。

    AISネットワークの解約

    今回プランも変更したかったのと、新居は既にオーナーがワイファイ契約をしてくれていたこともあり使用していたものは解約しました。解約の流れはとってもシンプル。ルーターとAISのケーブルテレビを見るために使用していたAIS BOXを元の箱に入れてAIS窓口へ持っていくだけ。あとはサインなんかをして終了。即日解約できました。

    入居日まで

    4月1日付契約にしましたが、引っ越し先が近く荷物も少ないので、どうせなら無駄な家賃を払わずにぴったり月替わりで引っ越したい!

    そこで、入居数日前から荷物を運び込みたいとレセプションにお願いしてみるとあっさりOKいただきましたー!

    鍵は4/1まであげることはできないけど、搬入希望日にレセプションに来てくれれば当日返却で渡す事はできると。おかげで最低限の物を残して搬入をすることができました。

    部屋の片付け

    タイで引っ越し準備をするのに予想外だったのがダンボールが手に入りにくい事。日本だとタダでもらえる印象しかなかったけど、タイだと汚いダンボールばかりだったのでホームセンターで買いました。運ぶのに難しくないサイズで一枚40バーツくらい。

    荷物を運ぶ方法はいろいろあります。近くて荷物が多くなければトゥクに詰め込むもよし、台車で運ぶもよし。

    入居、ゴキ○リパラダイス

    3月31日の夕方退去して翌日まで家ナシ、新居近くに1泊しました。
    朝一で鍵をもらい入居。荷解きに入ります

    残されていた食品

    海外は家具付物件が多いので身軽に引越しができるのはとても良い。しかし今回はそれが悲劇を引き起こしました。

    特に新居はドライヤー、スチーム付アイロン、トースターに食器、調理器具など家財道具が充実していて決定のポイントにもなっていた。

    ここからはタイトル通りゴキ○リ登場なので苦手な方はスルーでお願いします。

    片付けも終盤。キッチンの片付けでそれは起こった。

    天井が高い物件なので椅子に立ち鼻歌交じりで扉を開けたその瞬間。ゾワー!っとうごめく黒い影影影。うわー。。。。

    頭上戸棚の中に残っていた乾麺袋がゴキ○リキングダム。袋の中にも大人から子供までワッサワサいました。袋を動かしたらどこから飛び出してくるかわからない。

    幸い殺虫剤があったがスプレーを吹きかけることでざわついたやつらがどんな動きをするのか。。可能な限り逃がさないように片付けたい。どう処理しようか、うごめくゴキ○リ達を殺虫剤片手にしばらく眺めていました。

    意を決してスプレー噴射。すると予想以上に袋から飛び出してきたやつらが四方に逃げ惑い頭上に降ってきた。心臓が止まるかと思いました。そこからはとにかく噴射噴射。

    袋から出るのがいなくなったことを確認しゆっくり袋を動かし片付けました。その時点での動画です。10秒ほどの短いものですが苦手な人は閲覧注意です

    しばらく人の気配がなかったようなので当分先住民達と同居することになることを覚悟しました。そして案の定、現在もちらほら遭遇します。先住民たちとの同居話はまた後日。

    ゴキ○リキングダムはありますが、新居は敷地内に池と憩いの緑スペースがあってソイの騒音も聞こえない。ベランダが狭いのがたまに傷だけど部屋は涼しくて鳥の声がいつも聞こえてくる。希望条件はすべて満たしている物件です。引越ししてから快適すぎて休みの日の在宅率が右肩上がり!引っ越してよかったです。

    最後までありがとうございました

    You Might Also Like

    0 コメント