Himalaya化粧品を色々使ってみた!おすすめと正直な感想

インド*アーユルヴェーダ

By 000 - 2019年2月26日

インドに足を運んだことがある人なら必ず一度は目にしている!と断言してもいいほどヒマラヤは知名度の高いブランドなのです。
今回はヒマラヤの基礎化粧品をいくつか使っているのでオススメポイントと正直な感想をお伝えします。

  1. Himalayaはなんで有名なの?
  2. ・自然派なのに安い!
  3. ・多くの国で購入可能
  4. アーユルヴェーダってそもそも何?
  5. ・世界最古の伝統医学
  6. 化粧水Refreshing&Clarifying Toner
  7. ・気兼ねなく使える!とりあえずの1本におすすめ
  8. ・天然成分
  9. ・さっぱりしているのにつっぱらない
  10. ・シトラス系の爽やかな香りからの、、、
  11. ・敏感肌は乾燥時使用に注意
  12. 保湿クリームNourishing Skin Cream
  13. ・敏感肌は若干注意
  14. ・軽い質感なのに高保湿
  15. ・天然成分
  16. フェイスウォッシュPurifying Neem Face Wash
  17. ・見た目と裏腹な肌触り抜群の使用感
  18. ・体を守るニームです
  19. ・着色料は使用
  20. アイクリームUnder Eye Cream
  21. ・スペシャルケアなのに300円
  22. ・即効性はなし
  23. ニキビ薬Acne-n-Pimple Cream
  24. ・即効性はなし
  25. >美白クリームNatural Glow Fairness Cream
  26. ・美白効果は実感なし
  27. ・体を守るニームです
  28. ・パール感があり、マットな質感は化粧下地としておすすめ
  29. >まとめ
  30. ・リピートしたい商品
  31. ・リピートしない商品
  32. ・手に入れたかった商品

タイトルクリックでジャンプできます

Himalayaはなんで有名なの?

自然派なのに安い!

1930年に設立されたhimalayaはアーユルヴェーダを軸としているブランドです。
自然由来の成分をふんだんに使用していて高品質なのに価格設定は信じられないほど安い。

豊富な商品ラインナップと高品質低価格なhimalayaはインド国民に愛され続けているんですね。

多くの国で購入可能

老舗ブランドのhimalayaはインド国内なら直販店並みの品揃えをしている商店があちこちにあります。繁華街なら振り向けばhimalaya。またアジアをはじめ約100カ国で販売されていて、タイやマレーシアでも頻繁にお目にかかります。マレーシアの方が全体的に安いので両国に足を運ぶ予定のある方はマレーシアで購入されたほうがお買い得

アーユルヴェーダってそもそも何?

世界最古の伝統医学

病気になってから悪い部分を取り除く対症療法ではなく、健やかな状態を保つために日々の暮らしの中で体と精神のバランスを保つ予防医学がアーユルヴェーダの教え。

5000年以上の歴史がある世界三大医学の一つです。

1910年、ヨガをしてるロシア軍の写真らしい

アーユルヴェーダについてわかりやすいサイトがありましたので詳しくはこちらをご覧ください。ここからは実際に使った感想です。

化粧水Refreshing&Clarifying Toner

気兼ねなく使える!
とりあえずの1本におすすめ

ヒマラヤ商品全体にいえることですが、とにかく安い!
ボトルデザインや内容量の変更がちょくちょくあるようですがインド国内購入で100mlで80ルピー(約120円)。参考にしにくいので恐縮ですがマレーシア国内購入時(2019年2月)は、175mlボトルのこの商品と次に紹介する保湿クリームとセット購入で38リンギット(約1000円)のセール中でした。

天然成分

ジャスミン、マジョラム、シトラスレモン、レンティル(レンズ豆)など自然の成分配合。

ジャスミンは肌をやわらかくして潤いを与えてくれます。マジョラムは血行促進作用、レモンはひきしめなどそれぞれに嬉しい効能が期待できます。

しかも原材料は全て有機栽培というこだわり。安心成分の化粧水をバシャバシャ使えるってなんだかお得な気分ですね。

さっぱりしているのにつっぱらない

無色透明で水のようなさっぱり感。だけど頬と手がピターっとくっつくモッチリ感。手でパッティングするとよくわかります。もっちり系によくある時間経過後のベタベタ感は不思議とこの化粧水にはなく、ほどよいしっとり感のみ。乾燥が気になる方にはおすすめです。

シトラス系の爽やかな香りからの、、、

香り自体は弱めで顔につけないと香らない程度。つけた瞬間は制汗剤のような爽やかな香り。しかしパッティングすると変なにおいに変わります。

購入意欲を削ぐような表現で心苦しいですが、正直な第一感想は

よだれみたいな食べ物みたいな変なにおいw

個人的には正直くさいwと思いました。手でパッティングした時に一番感じましたが、時間経過で気にはならなくなりますので一応ご安心を。

多分この独特なニオイは先述の配合成分レンティル(豆)が原因ではないかと。たんぱく質ですもんね。効能は毛穴をきれいにして失った栄養素を肌に戻すことらしいです。肌にいいなら良しとしました。筆者と同じようににおいが気になる方はコットンでふき取りとして利用したほうがいいかもしれません。

敏感肌は乾燥時使用に注意

肌が弱い筆者でも肌荒れすることなく使用できましたが、肌の乾燥が強い時やスクラブ効果のある物を使った後だと目の周りがヒリヒリしました。その後肌が荒れることはありませんでしたが、つけた後数分ひりついたので敏感肌の方は注意が必要かもしれません。

保湿クリームNourishing Skin Cream

敏感肌は若干注意

上記化粧水と同じように肌のコンディションが乾燥気味の時に使用するとヒリっと感じる事があります。肌が荒れることはありませんが敏感肌はご注意を。

軽い質感なのに高保湿

肌のコンディションが悪くない日は目の周りがひりつくこともなく快適です。むしろサラサラなのにしっとりが続くつけ心地が気に入っています。このクリームをつけると肌が柔らかくワントーン明るくなる気がする。

天然成分

アロエベラ、ウインターチェリー、インディアンキノツリー、ツボクサ。アロエベラは抗菌作用、聞き馴染みのないウィンターチェリーは細胞の再生を助ける抗酸化作用、インディアンキノツリーは肌トーンを明るくする作用、インディアンペニーワルトは、湿疹に効く作用があるようです。

化粧下地として使っても問題ありませんでした。

フェイスウォッシュPurifying Neem Face Wash

筆者的にはHIMALAYA製品でダントツのおすすめ商品です!

見た目と裏腹な肌触り抜群の使用感

これまで様々な洗顔料を使ってきましたがこのフェイスウォッシュはかなり気持ち良い!第一印象は洗剤のようなクリアグリーンのジェルとさわやかな香りで洗い上がりがつっぱるかもなーなんて考えていました。しかし洗顔後はしっとりサラサラなのにキュッキュとする肌触り!見た目とのギャップに驚き。インドで110ルピー(220円)、マレーシアで10リンギット程(300円)。

体を守るニームです

HIMALAYA以外のブランドでも肌、髪ケア商品にニーム製品は定番。特にアーユルヴェーダには欠かせない常緑樹のハーブで、200もの効能があり飲んでよし塗ってよしだそう。体の免疫、自然防御を促してくれる。この洗顔料は、ターメリックとニームの力でニキビに効くらしい。

着色料は使用

自然由来成分へのこだわりがある方には残念なお知らせです。この洗顔料は着色料が使用されています。一応日本でも認可が下りているイエローとブルーらしいので大きな問題はないかと思いますが気になる方はご注意を。

アイクリームUnder Eye Cream

スペシャルケアなのに300円

一般的にアイクリームは特別なケア商品として価格設定はお高めのものが多いと思いますが、ヒマラヤアイクリームはたった300円で購入可能。タイ国内だと450バーツ程(1600円)で店頭に並んでいるのを見かけました。マレーシアだと14リンギット程(380円)だったかと。

即効性はなし

筆者はクマが目立ちやすく、慢性的。使用回数はまだ数回なので当然ですが、塗った次の日クマが消えた!ってことはないです。しみたり肌荒れしていないのでとりあえず続けてみようと思います。

ニキビ薬Acne-n-Pimple Cream

即効性はなし

ニキビができたときに塗っていますが効くのかどうか実感はありません。ただ、塗ることで悪化することはなく捨てるのももったいないので使用しています。

特に筆者はタイの環境なので年間汗をかきやすく、肩や背中がバック、下着擦れでよく肌荒れします。そんな時にこのクリームをぬりぬり。価格はマレーシアで10リンギット(300円)超えなかったかと思います。成分はアロエやレンズマメ、アーモンドなど。

美白クリームNatural Glow Fairness Cream

サフランとアルファルファ(マメ科の植物)配合のビタミン系クリームです。

美白効果は実感なし

現在2本目使用中ですが美白効果は感じていません。

パール感があり、マットな質感は化粧下地としておすすめ

ボディパウダーのような懐かしい香りがするこのクリームは、とてもマットな質感です。肌触りはサラサラでパール感が毛穴を目立たなくしてくれる。

化粧下地として使用するとワントーン明るくなり、くすみがなくなります!保湿効果は全くないので乾燥が強い人、乾燥しやすい部位には使用注意です。筆者はテカりやすいTゾーンに下地として使用していきます。

また塗り方や量はこのクリームの上に使用する化粧品にもよりますが、筆者の場合はほんの少しにしないと塗ってるそばからよれてくる。1回伸ばしただけで薄ピンクのクリーム色が消える位少量で使用しています。

25g=40インドルピー(70円ほど)、50g=65ルピー(110円ほど)。

まとめ

リピートしたい商品

ダントツでフェイスウォッシュ!インドやマレーシアに行った時にフェイスウォッシュ用の荷物スペースを確保します。何本も買って帰りたい。化粧水とクリーム、美白クリームは荷物に余裕があれば1本ずつ買おうかな。

リピートしない商品

上記文章量からお察しの通り、アイクリーム、ニキビ薬は効果がまだ実感できていないので今のところリピートはしないと思います。

手に入れたかった商品

タイ、マレーシアで見つけることができていないopthacareという目薬です。はちみつ配合しているらしく疲れ目に効くとか。マレーシアの直営店にも足を運びましたが取り扱いはないとのことでした。はちみつ入り目薬、一度使ってみたいです。

今回はHIMALAYAの看板商品の感想を独断と偏見でお伝えしましたが、HIMALAYAにはまだまだ商品ラインナップがあるのでまた新しいものを購入したら追記したいと思います。長くなりましたが最後までありがとうございました

You Might Also Like

0 コメント