プーケット ベジタリアン祭り2018 苦行パレードを見てきた

vegetarian festival2018 STREET PROCESSION RIUAL

By 000 - 2018年10月30日

早朝6時、今年も会場は独特な雰囲気に包まれていました。












  1. 朝6時から2時間の串刺し苦行
  2. 串刺しパレード会場BANG LIAO SHRINE
  3. ・どちらの会場近くにも宿がある
  4. ・移動にバイク、車を使った場合
タイトルクリックでジャンプできます

朝6時から2時間の串刺し苦行

5:45にBANG LIAO SHRINEへ着くとすでに異様な熱気に包まれ、あちこちで施しが始まっていました。串刺し真っ最中の場所は人だかりが出来ているのですぐにわかります。

会場の傍らでは出陣を待つ神輿の若い衆がケラケラ笑いあいながらリラックスしている。

マーソン達が串刺しでパレードする際も、一緒に練り歩くサポート達がヘラヘラしてゆるーい雰囲気の事も多い。

このギャップがおもしろい。厳粛なんだかなんなんだか。

護符タトゥーのサクヤンフェスティバルの時も感じていたけど、タイ仏教で奇祭と呼ばれているものに参加している人は、見るからにヤンチャな人たちばかり。はっきりいってガラが悪い笑

しかし接してみて怖い思いはしたことありません。(外国人相手だからかもしれないけど)
考えてみたら日本のお神輿担いでいるお兄さん方もヤンチャしてきましたって雰囲気多いですもんね。

この先串刺し写真が続きます。ネタバレ、閲覧注意です











クリックで写真表示

ひたすら舌を切り続ける

釣竿

少年もグサグサ

以前から気になっていた口から毛のカラクリが判明した瞬間











2時間経つ頃パレードは最後の山場、大量の爆竹が炸裂し煙が町を包み込む。御輿に向かって爆竹を箱ごと、途絶えることなく投下。

この時は人が減ります。

セキは出るし弾けた爆竹が体に当たるし、耳はおかしくなるし体は煙臭くなりますが一度は間近で見ることをおすすめしたい。


基本的にメインの串刺しマーソンの列は御輿の前を練り歩きますが、御輿の後を歩くマーソンもいます。
白装束に身を包んだ信者を引き連れて真っ白な煙の中から現れるマーソンの姿は勇ましくゾクゾクする程かっこいいです。

串刺しパレード会場BANG LIAO SHRINE

メインイベントとしてピックアップされていた中のひとつ、BANG LIAOのパレード。

この会場では火渡りも開催されるので、祭り期間中外せない廟になります。

BANG LIAOの位置はこちら。

菜食マーケットのメインストリートから徒歩で20~30分かかります。日中に一度歩いたことがありますが結構疲れました笑

メインストリート近くには、BANG LIAOと同じく大きな催しの会場となるJUI TUI SHRINEがあるので、参加される日程スケジュールに合わせた場所で宿を取ることをおすすめします。

どちらの会場近くにも宿がある

メインストリート内にはゲストハウスがいくつもあります。近くのオールドタウン内にも宿はあるので困ることはなさそうです。

BANG LIAO近くにも宿は数箇所ありました。
プーケットタウン中心ではないものの、スーパーやファストフード店、コンビニや市場もあり予想以上に便利です。


加えて夜は静かなので、個人的にはメインストリート内で宿を取った時よりもゆったりすることができました。

移動にバイク、車を使った場合

JUI TUI近くのメインストリート周辺は軽く混雑します。バイクの場合はメインストリート周辺に路駐でOK。

車の場合、メインストリート近くに駐車場がありますが19時すぎから混み始め、空き待ちの列ができていました。駐車場利用の場合は暗くなる前に入ったほうがいいかもしれません。

BANG LIAO周辺はメインストリート周辺ほど細い道も少ないので路駐できる場所はいくつかありました。

最後に。
気まぐれの更新にも関わらず最近アクセス数が徐々に伸び始めていて嬉しさを感じているMONXです。

アクセスしてくださってありがとうございます。みなさんが旅行をする時の参考になるような記事を書けるよう心がけていきたいです。


関連記事

トランス状態で暴れだす人が続出するサクヤンフェスティバル2018


タイの奇祭ベジタリアンフェスティバル


プーケットの奇祭ベジタリアンフェスティバル2017へ行ってきた



それでは、ありがとうございました













You Might Also Like

0 コメント