巨大こうもりの群れが集まるタイの変わったお寺ワットポー バンクラー wat pho bang khra

By 000 - 2018年7月30日


コウモリと聞いていいイメージがない方は閲覧注意。でも、このコウモリに見つめられたら印象が変わるかも!













  1. コウモリ寺ワットポーバンクラー
  2. ・日差しの中でコウモリの姿を見られる
  3. ・かわいさ溢れるこうもり
  4. ・コウモリ寺アピールも忘れないワットポーバンクラー
  5. ワットポーバンクラーの場所
  6. タイトルクリックでジャンプできます


コウモリ寺ワットポーバンクラー


ワットポーバンクラーは田舎町の外れにあり、公園の中にお寺があるような素朴な雰囲気。


小さな敷地は5分もあれば1周できる程で犬や鶏たちが自由に歩きまわっています。

かわいい

そんな中、お寺じゅうに響き渡るキーキーという鳴き声。木を見上げると真っ黒で大きなコウモリ達が木の実の様にたくさんぶら下がっていました。




敷地内のほとんどの木にコウモリがぶら下がっている光景は圧巻。


場所によっては手が届きそうなほど近くで見ることができます。


日差しの中でコウモリの姿を見られる

日中まぶしいときは暗い場所にいて夕方以降姿を現す、というのが今まで思っていたコウモリの印象でした。

晴天の日差しの中で堂々とぶら下がるコウモリを観察できるとは!

翼の質感もよく見える

サイズは翼を広げると1m位、体は猫程の大きさはありそうでした。首周りが茶色~オレンジっぽい色をしていたのでオオコウモリの仲間かな。


世界の巨大動物で人間と同じようなサイズのコウモリがいますが、あそこまで大きな固体は確認できませんでした。

本当はこのサイズを見たかった。


空を飛ぶ姿は優雅で透けた翼がプテラノドンのよう。最高にかっこいい。


かわいさ溢れるこうもり

日本で馴染みのある小さなコウモリとは顔が違いました。

木からぶら下がってこちらをじーっと見つめる表情はモモンガに近い印象でとても愛くるしい。


人に慣れているのかこちらが見つめ返しても視線をそらさない笑

木の上でケンカをしたり、抱き合っていたりと見ていて飽きませんでした。

ケンカをしている2匹の翼がバシバシ当たってサンドバックのように揺れながらも我関せずで目をつぶっていたコウモリがとてもかわいかった。


不思議な事にお寺の敷地外にも同じような林があるのに、敷地内の木だけに集まっていました。










コウモリ寺アピールも忘れないワットポーバンクラー

敷地に入ってすぐにコウモリを見つけることができたので、気づかずにスルーしそうになりました。

ふふふ。インスタバエするかしら






さりげなくピンクガネーシャ

敷地の一番奥に並んでいました。


ワットポーバンクラーの場所




ピンクガネーシャが有名なチャチュンサオ駅から車で30分の距離なのでアクセスはかなり悪い。

今回は公共交通機関をつかっていないので詳細をお伝えできないのが残念です。こんな辺鄙な場所だからこそアクセス方法が必要ですよね。

滞在していた時間にソンテウの巡回は見かけませんでした。

お寺自体がとても小さいので巡回はなさそうな雰囲気ですが、お寺から数分の場所に小さな田舎町があります。(上記地図のセブンイレブンの場所)

ここには小学校やタラートもあり、住民が集まる場所なので公共交通機関があるかもしれません。ただどこまで行けるか不明。

その点を考えると、ピンクガネーシャのワットサマーンからトゥクトゥクをチャーターしていく方法が無難かもしれません。

バンコクからワットサマーンまでの行き方についてはこちらです。

バンコクからピンクガネーシャまで国鉄電車で行ってみた2018



少し離れますがワットサマーンや百年市場など有名な観光地もあるので日帰りで色々まわるのも楽しそうですね。

動物好きは必見の巨大コウモリ寺、ワットポーバンクラーでした!最後までありがとうございました




実は他にもすごいコウモリ寺があります。一度見たら忘れられない光景があなたを待っている!!

コウモリの大群が見られるワットカオチョンプラン













You Might Also Like

0 コメント