EAT

タイのコンビニで買える安くておいしいおすすめフルーツジュース

DOI KHAM

By 000 - 2018年4月25日

南国タイに来たら一度は飲むであろうフルーツジュース。暑い中で飲むフルーツジュースは最高ですね!
町を歩けば様々な場所で買うことができますが、屋台で買うのは衛生面など色々不安に感じる方もいらっしゃるかもしれません。今回はそういった方達も安心して飲めるタイブランドDOI KHAMのジュースをご紹介します。













  1. DOI KHAM(ドイカム)
  2. ・1950年頃から国を挙げて始まったロイヤルプロジェクト
  3. DOI KHAMジュースの感想~リピート確実オススメ編~
  4. ・グァバ GUAVA
  5. ・ライチ LYCHEE
  6. ・ローゼル ROSELLE
  7. ・ジャックフルーツベース、オレンジ、パッションフルーツwithハチミツ
  8. ・ミックスベリー MIXED BERRY
  9. ・トマト TOMATO
  10. DOI KHAMジュースの感想~レギュラー以外~
  11. ・ベール BEAL
  12. ・イチゴ STRAWBERRY
  13. ・インディアングースベリー、チャイニーズアプリコットwithハチミツ
  14. ・99%トマトWITHミックスベジタブル

タイトルクリックでジャンプできます


DOI KHAM(ドイカム)

1950年頃から国を挙げて始まったロイヤルプロジェクト

亡くなった今なお、国民に愛され続けているプミポン前国王が主体となってロイヤルプロジェクトは始まりました。

ドイカムは山岳地帯や農村部の人々を支援するための農業支援プロジェクトのひとつです。
有機農法、低農薬で栽培された野菜や果物を使っていて高品質で低価格なのが特徴。

コンビニやスーパーでも一部商品を扱っています。観光客の多い地域であればパックジュース、ドライフルーツ、蜂蜜は必ず置いてあるでしょう。

タイの特産物やオーガニック製品が多いスーパーや店に行けば品数も多く取り扱っています。生野菜から加工品まで幅広く製品があり、タイならではのブランドなので旅行のお土産にもおすすめ

私はほぼ毎日ドイカムジュース飲んでますこの後は種類が多いドイカムジュースの感想です。

DOI KHAMジュースの感想~リピート確実オススメ編~

基本的にどの種類もハズレなしですが、個人的にお気に入りのレギュラーメンバー。

グァバ GUAVA

【写真は準備中】
タイ語でグアバはฝรั่ง ファラン。
グァバ独特のザラっとした舌触り、酸味の中にしっかりと甘みもあり爽やかです。朝の目覚めにおすすめ。

ライチ LYCHEE


タイ語でライチはลิ้นจี่ リンチー
98%ライチ!
さっぱりとしていますがライチをそのまま食べているような感覚になる程の濃厚な味です。とてもおいしい

ローゼル ROSELLE

タイ語でローゼルはกระเจี๊ยบ グラチアップ
タイではココナッツやベールと並ぶ定番の健康美容ジュース。シソと梅ジュースの間のような味で、さっぱりとした甘さでとてもおいしい。

ハーブティーとして扱われることも多いですが、ローゼルジュースはローズヒップのようなすっぱさがないので私は好きです。

ジャックフルーツベース、オレンジ、パッションフルーツwithハチミツ

私たち日本人には聞きなれないジャックフルーツ。こちらで紹介しています

タイ旅行で食べたいフルーツはマンゴーだけ?他にもおいしい果物あるよっ!

このシリーズの中だと濃厚な味でフルーティー!個人的に一番好き。ネクターまで濃くありませんがほかの物と比べるとまったりした口当たりです。

パッションフルーツとオレンジが入っていますが強い酸味は感じません。ジャックフルーツが入っているジュースって珍しいと思うから是非みなさんにも飲んでみてほしい

ミックスベリー MIXED BERRY

ストロベリー、マルベリー、タイブルーベリーのミックス。3種類混ざることでストロベリー単体よりも濃厚で酸味は少ないです。それぞれの味がきちんとわかります。

トマト TOMATO

【写真は準備中】
特にドイカムだから!という特別感はありません。味はいたって普通のトマトジュース。

ただバンコクのコンビニだとトマトジュースの種類がないので「どこでも気軽に飲みやすいサイズを買える」という点で定期的に買っています。












DOI KHAMジュースの感想~レギュラー以外~



ベール BEAL

日本にいた頃は耳にかすりもしなかったこの名前。タイでは頻繁に見かけます。ドライフルーツ、お茶、オブジェなど多種多様。タイ語ではマトゥーム、日本ではベール、ベルノキと呼ばれ、ハーブに近い扱いで薬用として知られています。

アーユルベーダでは消化器官に負担がかかりやすい方や、ストレスが引き起こす下痢や便秘などの大腸炎のような消化障害の緩和に用いられているそう。

またポリフェノールの一種、タンニンが含まれているので抗酸化作用が期待できるみたいです。

95%ベール

味は「黒蜜、漢方、香ばしい」が飲んでみて思い浮かんだ言葉。

桃やマンゴーのような「私はフルーツだよ!!」っていう主張はありません。薬っぽい雰囲気はありますが苦味は一切ありません。黒蜜と麦茶混ぜたような味。タイではマッサージ店で出たり、乾物店が並ぶチャイナタウンでも嗅いだことがある匂いに似ていたりと何かと遭遇率は高いです。

ほんのり甘さがあってさっぱりしていますが好き嫌いがわかれそうな味です。とてものみやすいので私は好きです。

イチゴ STRAWBERRY

タイ語でイチゴはสตรอว์เบอร์รี่ サットロベリー

98%イチゴ!
酸味が少なくさっぱりしていて飲みやすいです。
個人的に生イチゴ以外は、ミルクと混ぜたまったりした味が好きなのでイレギュラー。逆にさっぱりしていておいしいイチゴジュースってあまり見かけないので珍しいかも。

インディアングースベリー、チャイニーズアプリコットwithハチミツ

グースベリーってタイに来てから目にするようになりましたが、今まで存在を知りませんでした。

日本でマルスグリやオオスグリと呼ばれるもので、ヨーロッパから西アジア辺りが原産とされる低木の植物になる果実。いくつもの品種がありますが、果肉はジューシーで実が青いうちはかなり酸味が強く感じられます。赤く色付いて来る頃には少し酸味が強めの葡萄くらいの甘酸っぱさになってきます。
旬の食材百科より転載酸味が特徴なんですね。
ハチミツが入っているので一つ前のジャックフルーツミックスに味の雰囲気は似ていますが、もう少しさっぱりした口当たりです。

99%トマトWITHミックスベジタブル


こちらは1度しか買ったことがありません。なぜか。
トウガラシがひょっこり覗いてるー
theタイですよねー。しかも写真は控えめな登場なのに味は結構辛かったです。

ドイカムはシリーズは全部おいしいけどこれだけは辛くて飲めませんでした。これも野菜ジュースとしては珍しいので旅行の思い出として試してみる価値はありですね。

まだすべて網羅してはいないので新しく飲んだらまたアップしていきます。

南国らしいフルーツを使ったラインナップは日本ではなかなか味わうことができないものばかり。価格は種類によって変わりますが12バーツ~18バーツ程でとても安い。ぜひ、一度お試しあれ~ 最後までありがとうございました












You Might Also Like

0 コメント