バンコクのソンクラーン2018メジャー会場を周ってみた感想

By 000 - 2018年4月16日


2018年のソンクラーンは日中~夕方で3箇所まわりました。











  1. バンコクのソンクラーンはどこに行けば参加できる?
  2. シーロム/サラデーンのソンクラーン
  3. ・休憩できるお店が少ないシーロム会場
  4. サイアムのソンクラーン
  5. ・まさかのタンクトップ、ショートパンツ着用女性は入場出来ない
  6. チットロムのソンクラーン
  7. ・ドブ川のセンセープ船は休業
  8. バンコクでソンクラーンを楽しむポイントまとめ
  9. ・昼と夜で盛り上がりの色がだいぶ変わる
  10. ・1日中遊ぶなら洋服の布面積は少ないほうがおすすめ
  11. ・顔面を狙われる
  12. ・荷物は最小限で

タイトルクリックでジャンプできます



バンコクのソンクラーンはどこに行けば参加できる?


  • バンコク住民の生活圏がある住宅街(ソイ○○と呼ばれる路地など)


  • 主要観光スポット

  • この2ヶ所へ行けば確実にびしょぬれになれます。

    両方ともぬれることには変わりありませんが若干雰囲気が違うので両方行くことが出来たら最高!

    昨年はバンコク地元民の生活圏でソンクラーンを楽しみました。

    有名なタイの水かけ祭りソンクラン。バンコクのローカル地域で楽しんでみた

    メジャーな水かけ会場よりもある意味スリリングなバンコクローカルの楽しみ方をお伝えします。


    2018年4月14日(土)、ソンクラーン中日。今回まわったのは観光客が多く集まるシーロム/サラデーン、サイアム、チットロムの3箇所です。


    シーロム/サラデーンのソンクラーン


    シーロム会場の魅力日中はほどよい混雑具合と道路を完全封鎖して作られた広い会場
    MRTシーロム駅、BTSサラデーン駅はタニヤ、パッポン、ソイ2など夜の遊び場が有名な繁華街。

    21時までシーロム通りは歩行者天国の水かけ会場になっているので、MRT、BTSそれぞれの駅から外に出ればすぐに濡れることになるでしょうw

    会場とされている場所にはエントランスゲートが準備されています。荷物チェックを受けて入場(無料です)


    ゲート内には警察官がポイントごとに常駐しているのでなにかトラブルがあってもすぐに助けを求められます。


    今回会場に到着したのは13時30頃。すでにシーロムの町は水浸し。

    四方八方から水攻撃を受けながらもスムーズに歩くことが出来たのでとても快適な混雑具合。

    勝てる気がしない

    ガチムチのおねえ集団から家族連れまで来場客の層は幅広く、子供たちが一生懸命大人を攻撃しているのが微笑ましかった


    歩道にはウォーターチャージを出来る場所がいくつもあるので水鉄砲の中身を気にせず撃ちまくることが出来ます。


    チャージ料金は小さな水鉄砲だと5バーツ、抱えるような大きな水鉄砲、タンクを背負う水鉄砲は10バーツでした。

    ぬるくなった水よりも冷えた水の方が相手の反応が楽しいですw

    もちろん撃たれたときの自分のダメージも大きいけどね。心臓止まるかと思う。



    休憩できるお店が少ないシーロム会場

    基本的にシーロムエリアは夜元気になる町である事とソンクラーン期間で休みになる店も多い事が重なり、休憩するには会場のシーロム通りからパッポンやタニヤを抜けたSurawong通りまで行かないと開いているお店がない印象でした。

    日中のパッポン、タニヤ通りは人通りが少なくとりあえずの水かけ休戦ができました。


    ラマIV通りには屋台が並んでいます。タイらしさを感じられるので旅行の際にはいいかもしれません。

    ただ人通りが多く水をかけられる事もあるのでおなかは満たせるけどゆっくりは出来ないかも。










    サイアムのソンクラーン


    サイアム会場の魅力水かけとショッピングエリアのメリハリがある
    バンコクの若者やおしゃれ通に人気のサイアムエリア。おしゃれなセレクトショップが多く入っているサイアムセンターや高級志向のサイアムパラゴンなどがあります。

    サイアムのソンクラーンはかなりエリアが限定されていました。

    デパートサイドは水鉄砲を持っている人はいるものの「絶対水かけるなよ」的なオーラを身にまとった普通の買い物客もいて、ソンクラーン参加者はおとなしくしていました。

    道路反対側サイアムスクエア通りの奥がソンクラーンの会場。

    まさかのタンクトップ、ショートパンツ着用女性は入場出来ない

    衝撃でした。まさかの門前払い。

    知らずに来ていたタイ女子も多く、というよりびしょぬれになるからショートパンツ率高いんですね。ほとんど門前払いwww

    指をくわえながら会場奥の様子を伺うと音楽イベントっぽい雰囲気。

    ソンクラーンが仏教のお祭りだからお寺と同じ規律なのも理解できますが、


    こんな現代風の雰囲気で肌出し禁止とは面食らった!

    このイベントはお酒もダメみたいですね。

    会場へのゲートは他にもあり、そこでは肌を隠す為の布が売っていました。129バーツ(400円程)だったかな。大きめのタオルを持っていればそれで代用もOKでした。

    チットロムのソンクラーン


    チットロム会場の魅力派手な演出、フードストリートなどフェスっぽい雰囲気を楽しめる
    観光客のほとんどが足を運ぶであろうチットロム。セントラルワールド、伊勢丹やプラトゥナムファッションモールがあり、多くの観光客が集まる町です。

    このエリアの道路封鎖はありませんが町全体が水かけムード。

    バスの中からも容赦ない水鉄砲

    セントラルワールドの広場でフードストリート併設の音楽イベント(入場無料)が開催されていました。

    訪れた時は夕方になっていたので、音楽イベント側のボルテージは高かったです。


    空からは機械仕掛けの永遠自動放水、陸からは容赦ない顔面水鉄砲攻撃。


    この音楽エリアでは泡散布もしていました。

    一緒に行った友人が言うには

    あの泡、次の日肌荒れしたよ。しかもその時一緒に行った友達みんな(笑)


    だそうです。遅延型のダメージがあるそうなのでデリケート肌の方注意。

    フードストリートにはタイ料理、洋食やデザート、カフェもあり充実していました。

    フードエリアは水かけなし。しっかりと休めます。みんな地面に座って休んでました。

    セントラルワールド広場だけでも満足感は高いですがビックC前では建物2階から消防用並の太いホースで放水!

    1階の歩道は大盛り上がり。ここも楽しそうでした


    ドブ川のセンセープ船は休業

    バンコク都心部を走る便利な交通手段センセープ運河の船。

    バンコク中心部の渋滞をスルー!センセープ運河の船乗り方と注意点

    BTSはいつも混んでるし、道路も渋滞するし。。MRT沿線に住んでいる私にとっては良い交通手段です。



    濡れていたのでチットロムから電車に乗るのは寒そうって事で船で帰ろうと思ったら休業だった。ソンクラーン期間はお休みらしいので注意です。


    バンコクでソンクラーンを楽しむポイントまとめ


    昼と夜で盛り上がりの色がだいぶ変わる

    イベント会場の多くは日中は穏やかな盛り上がりで夜は身動き取れないほど人が集まり大盛り上がりになります。


    1日中遊ぶなら洋服の布面積は少ないほうがおすすめ

    サイアムのようにイベントによっては肌露出NGな場所もあるようですが、ほとんどの場所ではショートパンツ位なら大丈夫。

    布面積が多くて乾きにくい素材だと結構寒くて風邪を引きやすいそう。ソンクラーンに慣れたタイ人情報なので信憑性高いです。

    ただ水着のみはやめたほうがいいとの事(特に女性)。


    顔面を狙われる

    耳の中、目玉などダイレクトに攻撃されます。ゴーグルつけたほうが楽でした。


    荷物は最小限で

    夕方以降も水かけが行われる場所はかなりの混雑になると思います。首からさげられる防水バックにすべて入れる位の方が何かと楽だと思います。

    私は写真を撮りたかったので、スマホとそれ以外で分けて防水バックを2つ首からさげていました。


    トゥクトゥクで道中周るのもスリリング

    チットロムのソンクラーンのように道路を走ることができて尚且つ町全体が水かけムードの場所は水鉄砲を持ってトゥクで周れば激しい襲撃にあえるはず。路肩で待ち構えている放水隊の位置で信号待ちに当たったりしたらもう大変w

    私はやったことないですが罰ゲームレベルで楽しそうでしたwww





    今回カオサンは行きませんでしたが、聞いた話では

    日よけする場所がないから結構暑くて、人も多くてちょっと大変だった

    とのこと。

    私としてはカオサンは行くのが面倒なのでシーロム、チットロムの2箇所でメジャースポットのソンクラーンは満足できたなぁって感じです。



    ということで、みなさんも楽しいソンクラーンになりましたか?

    来年はどんなふうに過ごすことになるのか今から楽しみです。

    最後までありがとうございました










    You Might Also Like

    0 コメント