EAT

タイ旅行で食べたいフルーツはマンゴーだけ?他にもおいしい果物あるよっ!

By 000 - 2018年4月10日


タイ在住故に感じるマンゴーばかりがスポットライトを浴びているエコヒイキ感。

他にもおいしい果物たくさんあるんだよ!って叫びたい。












  1. 南国フルーツのアイドル的存在、マンゴーはなぜ人気なのか
  2. ・マンゴーは加工品に向いている
  3. ・マンゴーは日本だと高級品。でも海外だととても安い
  4. ・栄養満点のマンゴー
  5. タイで食べられるおいしいフルーツ
  6. ・パパイヤ
  7. ・ジャックフルーツ
  8. ・ブドウ
  9. 加工品のほうがおすすめのタイフルーツ
  10. ・スイカ
  11. ・グァバ
  12. 生でも加工品でもおいしいタイフルーツ
  13. ・マンゴスチン
  14. ・ロンガン
  15. ・ランブータン

タイトルクリックでジャンプできます



南国フルーツのアイドル的存在、マンゴーはなぜ人気なのか


リンゴやスイカと比べると濃厚で特徴的な味がするマンゴー。熟していればハズレが少なく舌触りはまろやか。あの幸福感は一度感じたら忘れることができない。

マンゴーは加工品に向いている

濃厚な甘みと特徴のある味はアイスにプリン、ヨーグルトにケーキと、スイーツ界を牛耳っている乳製品と相性抜群。

そしていかにも明るくハッピーな雰囲気を漂わせている黄色のボディ。スイーツ店の看板を背負うことも多い。

台湾のかき氷やタイのマンゴースイーツは見た目も華やかでかわいく、とてもおいしそう。

こりゃ乙女心鷲掴みなわけだ。


マンゴーは日本だと高級品。でも海外だととても安い

マンゴーは日本のみかんのように冬は必ずコタツの上にあったり、ダンボールの下でカビが生えてたり、「あんたらは腐ったみかんだ!」なんて例えに使われるような扱いは受けません。

しかし東南アジアをはじめとする南国では簡単にマンゴーが手に入るので信じられないくらい安く食べられます。(移動屋台のカットマンゴーで70円くらい)

またまた乙女心鷲掴み。


栄養満点のマンゴー

・美容、免疫、抗酸化作用など人の体を助けるビタミンA,B1,B6,C
特にビタミンAの含有量が果物の中でもトップクラスで、マンゴー1個で1日の必要摂取量を補えるほど。

・その他にも生活習慣病や老化防止に効果があるβカロテンや食物繊維も豊富。

んー、マンゴー欠点がないなぁ。とか言いながら私もマンゴー大好きなんですけどね。



魅力あふれるマンゴーの粗探しは失敗に終わりそうなのでここからはタイで食べられるマンゴー以外のおいしいフルーツをご紹介。(私個人の感想です)

タイで食べられるおいしいフルーツ


住んでから知った事ですが、タイって年中フルーツ食べ放題なのかと思いきや日本と同じように時期があります。

乾季の冬よりも雨季の暑い時期の方が旬なフルーツが多いんですね。

パパイヤ

時期をほとんど気にせず食べられるパパイヤは私の中で食べることが日課になっている定番フルーツです。

日本だとあまり馴染みがないかもしれませんね。

味は濃厚でまろやかな甘みがありますが、適度なみずみずしさとクセは少なく後味がさっぱりしているのでとても食べやすい。

(熟しすぎていると独特な匂いを感じることがあるので、この匂いが苦手という人はいるかもしれません)

口当たりが魅力だと感じているので個人的には加工品より断然生派!

カットフルーツ屋台に行くと必ず買っちゃう。袋に串入りで買えるので食べ歩きにもぴったり。



パパイヤはオレンジよりもビタミンCが多く、パパインが豊富。美容効果をはじめ抗炎症効果も期待できるので関節痛や生理痛などにもいいらしい。

そしてイソチオシアネートという解毒成分。肝臓の解毒酵素の働きを良くして、有害物質を無毒化してくれるそうです。


ジャックフルーツ

南国では定番、日本では珍しいジャックさん。路上だとパックで売っていることが多いかも。それでもブドウよりは頻繁に見かけます。


見ていただきたいのはカットする前の姿。できれば木に実っている姿を見ていただきたい。

初めて見たときは度肝を抜かれるはず。


自然豊かな場所だとジャックフルーツの木を見ることができます。あとはカット前のジャックフルーツを山積みに乗せたトラックが路上販売している事も。


この記事の公園にもジャックの木がありました。

バンコク中心部から川を5分渡るだけで自然あふれる緑の楽園へ行ける!

Klong Toey PortとSanphawut pierです。 最寄り駅はそれぞれMRTクロントーイ駅、BTSバンナー駅ですがどちらも徒歩だと30分はかかるのでタクシーやバイタクで船着場まで向かうのが手っ取り早い。 バイクごと川を渡るならSanphawut pierが確実 私はバイクで川を渡りたかったので大きい船がありそうだったSanphawut pierから行きました。 ...



フルーツガムの味とたとえられることが多く食べた人を魅了する中毒性があります。


そして「ドリアンはビールと一緒に食べるべからず」という暗黙の言い伝えがあるように、ジャックにも「大量に食べるべからず。食べる量と同じ位の水を飲むべし」という言い伝えがあります。

理由はジャックフルーツが胃の水分をどんどん吸収してしまう、同時に胃酸の分泌も促すので空きっ腹で食べたり水分を取らないと激しい胃痛や下痢に襲われる可能性があるそう。

知らずに食べて脱水症状や胃痛に苦しむ人続出しています。

幸い、まだこの経験はありません。どれ位ひどいのかちょっと気にはなってる。


ブドウ

観光地ではあまり見かけなくてスーパーや市場など生活圏で売っていることが多い。

ローカル地区だと路上やトラックの荷台で販売している事もあります。なにしろ安くておいしい!

品種名はわかりませんが巨峰のようなサイズ感とおいしさで、包装なしだとキロ売り20~30バーツ(100円以内)で買えます。

旅行中に日本でも定番のブドウをわざわざ買うこともないと思いますが、タイにもブドウがあるんです!と言いたいがために記載しました(笑)













加工品のほうがおすすめのタイフルーツ


生より加工品のほうがおいしいなと感じるフルーツのご紹介。(私個人の感想です)

スイカ

タイだとスイカの味の良さが霞む気がしています。

カットフルーツの定番ですが、なんせ他の南国フルーツの味が強いので生のスイカは味が薄く感じてしまい、おいしいと思う事が少ない。

それならスイカジュースのほうがおいしい!タイらしく甘いシロップはたくさん入ってても、暑い中を歩き回った時に飲むスイカジュースは最高!


グァバ

生のグァバはリンゴの可愛さがなくなったような大人の味。笑

リンゴがもっと硬くなって甘みがなくなった分シャキシャキ感が増したような(わかりにくいか)。

生グァバを食べるときは野菜の感覚で食べます。

シャキシャキの歯ごたえとさっぱりした甘み、若干の苦味?渋み?があります。甘いものが得意ではない方は生のグァバは好きかも。

タイでは甘辛いタレにつけて食べる事も多いです。

そんな大人のグァバもジュースになるととてもおいしいです!



生でも加工品でもおいしいタイフルーツ


マンゴスチン


濃厚な甘みと少しの酸味があり、口の中で溶けてしまいます。別名「果物の女王」

タイでは6月~9月頃まで店頭に並び、マンゴスチンを取り扱ってるほとんどの店が一番目立つ位置に陳列している人気果物。大体1キロ40バーツ程。

日本への生マンゴスチンの輸入は禁止されているので日本で食べられるとしたら沖縄だけ。


また、マンゴスチンは食べ物の加工品よりも美容商品によく使われています。ピーリング効果やアンチエイジング効果が期待できるそう。

実際にマンゴスチンの石鹸を使用していますが、顔の皮がむけます!(ちゃんと保湿すれば支障なし)


ロンガン


茶色いブドウの房のようなロンガン。

ロンガンは漢字だと龍眼と書くそう。なんだか強そうですね。

一粒はライチほどの大きさで皮がとても硬く、皮(というよりも殻?)をむくと中から白くて綺麗な実が出て来ます。

味はライチをもっと濃厚にした感じで時期は7月~乾季まで。

果汁はかなりペタペタするので食べる時には気をつけてください


ランブータン


中の実も味もライチに似ています。ライチが好きな方は好きなはず。トラックの荷台に山積みになって売られているのをよく目にします。

こちらも市場などでは目立つ場所においてある人気果物で旬は5月~乾季まで。

モケモケのランブータン。おもしろい見た目です。

実の中に種があり、食べる時に種の周りの渋皮がくっついてきてしまう。そうするとせっかくのみずみずしさが半減。

渋皮がつかない食べ方のポイントは、実のお尻のくぼみを見つけたらそこから前歯で上に向かって実をはがす!そうするとあら不思議。渋皮がくっついてきません。

ってどちらにしてもランブータンもロンガンもマンゴスチンも食べ歩きにはちょっと面倒ですね笑。


ランブータン、ロンガンは観光地でジュースのメニューとしてよく見かけます。

ロンガンジュースは見た目は薄茶色であんまりおいしそうではないのですが、さっぱりした甘みで暑い日には最高。

生果実のロンガンとは違い、ジュースの果実はシロップ漬けになっていて少し漢方?のような龍角散のど飴のような風味があるので苦手な人もいるかも。


いかがでしょうか。マンゴーもおいしいですが、旅行に来たなら馴染みのないフルーツも食べてみるのもいい思い出!

基本夏果実なのでどのフルーツにも体を冷やす効果などがあり暑いタイで観光するのにピッタリです。

最後までありがとうございました










You Might Also Like

0 コメント