フェイスラインの肌荒れには豆乳、大豆製品が抜群に効いた!

タイ生活で気づいたこと

By 000 - 2018年3月23日

タイに移住していなかったら気づくことがなかったであろう大豆の力。

  1. 大豆パワー恐るべし
  2. ・高品質で低価格!お土産にもぴったりなドイカム製品の豆乳パウダー
  3. ・ほかに期待できる豆乳の効果
  4. ・豆乳摂取量には注意!

タイトルクリックでジャンプできます

2016年末にタイへ移住。日本から持っていったアスタリフトを使い終えた頃から始まった肌荒れ期。そして日本ではほとんど感じたことがなかった月経痛。しかも結構重め。

この月経痛を感じるようになり気がついた。

そういえばタイに来てから全く納豆と豆腐食べてないじゃーん!!!!

大豆パワー恐るべし

筆者は豆腐、納豆が大好きで日本にいた頃はよく食べていました。納豆は毎日3パック食べる程大好き。食べなきゃいけないという意識ではなく純粋な毎日食べたい欲。

タイに移住してからこの習慣がなくなってしまった理由は、近所でほとんど納豆が売っていない事と、売っていても値段が高くて好みの味じゃないから。

よし!大豆製品を摂取してみよう!

毎日カフェラテやモカを飲むので牛乳の変わりに豆乳を使ってみようと思いました。

タイの飲み物を思い浮かべるとオレンジ色が特徴のタイティー、フルーツジュース、謎の激甘人口色ジュースに激甘コーヒーあたりを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。移住するまで私もまったくイメージがなかったのですが、実はタイ国民は豆乳をよく飲むんです。

移動屋台の豆乳屋さんには男女問わずよく人が集まっています。ただデザート感覚が強いようで甘い豆乳に色々入れて飲むのがアジア風。

以前、トッピングなしで購入したら「え?なにもいれないの?」って言われました。

スーパー、コンビニにも多くの豆乳が並んでいます。

高品質で低価格!お土産にもぴったりなドイカム製品の豆乳パウダー

色々試してコーヒーに合う好みの物を見つけました。

なんと400gで破格の60バーツ!ドイカムさん!!

ドイ・カム製品はタイが国を挙げて行っている農村部支援プロジェクトのひとつで様々な製品があります。タイならではのブランドなのでお土産にもオススメです。

成分だってたったこれだけ豆だけ。

余計なものは一切入ってないクオリティで60バーツ。200円。味はきなこのような香ばしさがあってとてもおいしい。

今風に言うと豆乳ラテ、昭和風だときなこ珈琲を毎朝飲み始めました。ちなみにこのドイカム豆乳は毎日コップ一杯分飲んで1ヶ月は普通にもちました。

ぴたりと落ち着いた月経痛

うそのようになくなりました。

ぴたりと落ち着いた吹き出物

次々できていたフェイスラインの真っ赤な痛い吹き出物もほとんど出来なくなりました。

実は日本にいた頃の肌荒れ期ファーストインパクト時代はまだ納豆習慣がなかったんですね。納豆狂いが出始めたのはここ2年程。

↓肌荒れファーストインパクト

意識することなく摂取していた大豆は私が気がつかないところでしっかりと体を良い状態にしてくれていました。

今回の肌荒れ期セカンドインパクトを受けて気づいた大豆パワー。世の中でイソフラボンは女性の味方と言われている意味がわかりました。

ほかに期待できる豆乳の効果


現在飲み始めて3ヶ月程です。実感した効果は月経痛の緩和(というよりほぼ解消)と肌荒れの改善。

そのほか一般的に有名な効果は
便秘解消
豆乳に含まれるオリゴ糖が腸内のビフィズス菌の栄養になり腸内を活性化させ便秘解消が期待できる
バストアップ
豆乳に含まれるイソフラボンは胸のハリや潤いを保ち、バストラインを形成する働きがあるのでバストアップが期待できる。
更年期障害対策
女性ホルモンのエストロゲンが減少することによって引き起こされる更年期障害。エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを摂取することで補われ更年期障害予防が期待できる。

牛乳よりもカロリーが低く、鉄分量が多いなど豆乳を飲む効果はたくさんあるんですね。

豆乳摂取量には注意!

ただ過剰摂取はよくないようです。1日のイソフラボン摂取量目安は70~75mg。日本で有名なキッコーマンの無調整豆乳なら200mlでイソフラボンは56mgです。

ポイントは豆乳の量ではなくイソフラボンの量を見ること。一般的な細いパックを多くても一日2本までにしたほうがよさそうですね。

肌にとって劣悪なタイの環境に晒されている私の肌で改善されたので、フェイスラインの吹き出物で悩んでいる方はぜひ一度豆乳を試してみてほしいです

最後までありがとうございました

You Might Also Like

0 コメント