ガイドブックに絶対載らない!組み立て式遊園地と爆音エアロビ集団

By 000 - 2017年6月11日


日中は人っ子一人いない近所の広場。日が沈むと一変して地元民で賑わいカオスな広場に様変わり!
しかもこの広場は定期的に遊園地になっちゃうんです!


スポンサーリンク




  1. シュールな夕暮れが今日もやってくる
  2. ・セパタクロウってなに?
  3. ・エアロビ軍団
  4. ・ガイドブックに載せてはいけないマーケット
  5. 不定期開催!組み立て式遊園地
  6. ・どんな乗り物がある?
  7. ・大人も楽しめる文化祭ノリ

タイトルクリックでジャンプできます


シュールな夕暮れが今日もやってくる


日が沈み始めると広場に人が集まりだします。

各々好きな場所で好きな事をする。


サッカーをしているお兄ちゃん

バスケをしているお兄ちゃん

その近くでバスケの真似をしているちびっ子達


とてもほのぼのとした光景ですね。


ほかには

セパタクロウをしているお兄ちゃん


爆竹を炸裂させて遊ぶちびっ子ギャング


爆音でエアロビをしている団体さん


駆け回る野良犬達




これが俗にいうカオスというものですね。 この広場はそんな場所。

スポンサーリンク




セパタクロウってなに?


セパタクロー(sepak takraw)は、東南アジア各地で9世紀ごろから行われている球技。
セパ(sepak)はマレー語で「蹴る」、タクロー(takraw)はタイ語で「ボール」を意味する。
籐球(とうきゅう)ともいう。
ウィキペディア参照


東南アジアに昔からあった伝統スポーツ。簡単に言うとバレーボールを足で行うようなものですね!

タイでは男性が好きなスポーツのようで、頻繁に見かけます。


先日はガソリンスタンドのお兄ちゃん達が夕方、スタンド内でやってました。近くに車があってもおかまいなし(笑)


間近でみると迫力があるんです!


高い位置にあるネットから足が出るようにジャンプしないとアタックができないので、オーバーヘッドキックみたいなのフォーム!

竜巻旋風脚を思い出しました。とってもかっこよかった!!

セパタクロウ風景


バレーボールと同じように3回まではコート内でボールを繋ぐことができるよう。使うのはサッカーと同じく足と頭だけ。

眺めていたときに転がってきたボールが何度かスネに当たったのですがズシっとして意外と痛かった!



エアロビ軍団


実は野外エアロビも東南アジアでは割と日常のことなんです。

タイ、ラオス、ベトナムでは当たり前のように朝や夜に爆音でレッツ・エアロビ!

曲も幅広く、流行の洋楽やタイのディスコミュージック、ラテンなどなど。

インストラクターはマイクを付けて音楽に負けない声で指示を出しています。参加者多数。どこの国もみんな本気の格好で踊っていて楽しそうです。

エアロビ風景

近づいてみた



ガイドブックに載せてはいけないマーケット


タイではマーケットのことをタラートといいます。

この広場周辺にもタラートがありますが、有名なチャトチャックマーケットやタラートロッファイとは全くテイストが違います。


ここでは山積みになった物の中に鍋のフタだけ売ってたりするんでです。

いったいどこから拾ってくるでしょ?ってレベルのガラクタマーケット。


新品を取り扱っている通りもありますが、完全に地元民の生活用品。全く観光向けではありません。

だからこその面白さがあるんですけどね!


タラート、奥が深いです。

もくじへ戻る



不定期開催!組み立て式遊園地


タイの祝日や連休時に広場に突如現れる遊園地。地元民に人気で毎回人で賑わっています。

この遊園地が平成の日本にはない良い味を出しているんです。


どんな乗り物がある?


観覧車、メリーゴーランド、路面電車、トランポリン、子供向けのアトラクションはレギュラーで出ています。


タイキッズの体には生まれた時からディスコミュージックが刷り込まれる

タイ人がなんでみんな独特のディスコミュージックが好きなのかわかった瞬間でした。


高速観覧車に乗ってみた

動画だと伝わりにくいですが、体感速度はけっこう速いんです。そして、



いつまでたっても止まらない降りられない


いつ降りられるかはこの観覧車の支配者の気分次第。




何周したか数えればよかった。それくらい永遠と回っていました。


大人も楽しめる文化祭ノリ


乗り物ゾーンの裏手にはタラートが広がります。食べ物や日用品、射的等。



ミニオンの気色悪い笑顔(笑)



この文化祭レベルのクオリティが大人たちにも人気です。

ほかにもビンゴや輪投げ、くじ引き、カメ、金魚すくいなんかもあります。




焼肉はタイ人みんな大好き。ほかのタラートでもよく見かけます。



子供たちや野良犬が駆け回る中で新しいアトラクションも作り始める。


これはタコの足にカゴがついていて上下に動いて周るアトラクションになっていました。(ディズニーシ―の魔法の絨毯的な)




いかがでしょうか。タイにはみんなが楽しめる場が多く、子供も大人も犬も猫も境界線がない雰囲気が私はとても好きです

最後までありがとうございました

スポンサーリンク




You Might Also Like

0 コメント