インドの路地裏で襲われた話

By 000 - 2017年3月29日



ホーリーの盛り上がりをさっそく肌で感じた。

(写真のわんちゃん達はもちろん寝ているだけです。床のインクが丁度良い感じだったのでパシャリ)

  1. ニューデリーといえばパハールガンジ
  2. ・インドあるある
  3. ・パハールガンジの路地裏へ入ってみた

タイトルクリックでジャンプできます

ニューデリーといえばパハールガンジ

インド到着初日の夕方からニューデリー駅周辺を歩いてみました。
国鉄駅西側前に広がる有名なパハールガンジ。

散乱するゴミに、そこらじゅう公衆トイレのようなにおい、目の前で立ちし○んをするおじさん、砂ほこりに、スパイスのにおい、市場のかけ声に人人人

これが噂のインドか。と余韻に浸りたいが、しみじみ浸る余裕を与えてくれない喧騒がまたインドらしい。

モスクの前に集まっていた。パハールガンジ、癒しのひと時

インドあるある

さっそくの登場。

牛さん

インド風景あるあるですが、写真に撮りたくなる位大きかったんです!隣のおじちゃんと大きさを比べてほしい。今まで見てきたどの牛より大きかった!

風景に溶け込む牛



そして怪しさ満点の日本語達者なインド人。話をしてみるとみんな前向きでハングリー精神がすごい。そうしないと生きていけない環境。日本のぬるま湯の環境とは全く違うんですね。

見習いたいなと思うメンタルがたくさんありました。

パハールガンジの路地裏へ入ってみた

アイロンかけのお店や、小さな駄菓子屋のような商店、チャイの店などがあった。


こんな細い路地から少し開けた場所に出ました。


立ち食い屋台があったので夜食を食べることにしました。小さくて薄いナン?を豆がたくさん入ったカレーにつけて食べるもの。ニューデリーでよく見かけた料理でした。きっとカレーという名前ではないんでしょうけど。

路地裏なので街頭も少なく、表の騒がしさがウソのよう。イスはないけど落ち着けました。

おいしいねーって食べていると突然



バン!!!!!!!

という破裂音と共に左足に衝撃が走る。

瞬時に撃たれたーーーーー!!!!!と思いましたよ。
衝撃の次に感じたのは生あたたかさ。

もちろん血がふきだしてると思いましたよ。
バン!の衝撃音からここまでコンマ何秒。

もちろん撃たれた反射で崩れ落ちましたよ。
で、大げさに崩れ落ちた後に痛くないと気づく。

恥ずかしいのでとりあえず何もなかった素振りで立ち上がった。

撃たれてはなかったけど、確実に何かが足に当たって破裂した。

暗くてわからないけど左足がビッショビショに濡れてる。
「クックック」と笑い声が聞こえた。見るとトゥクのおっちゃんが笑って闇を指差す。

キッズ キッズ
暗闇に子供が4、5人ちらばってこっちを見てた。全員ほくそ笑んでやがる

彼らの存在に気づくと一斉に飛び出てきた。手にはカラフルな玉を持ってる。あれが武器か。
そう、なつかしの水風船。

追いかけるとキャーキャー言って逃げ回る。水風船も容赦なく投げつけてくる。

端正な顔立ちの子供に狙われた平たい顔族。

かわいいなー!ちっくしょー

まだホーリー一週間前だったのにお祭りはじわじわと始まっていたようです。
最後までありがとうございました

インドシリーズ

ホーリーについて


インドビザ取得できるのか


インドビザ取得結果


ニューデリーで国鉄チケットを買う


ニューデリー 子供の襲撃


次回 ニューデリーで人ごみに飲まれる


ヴァラナシ 神秘のマニカルニカガート


ヴァラナシ


猛烈な吐き気に襲われる


ホーリー当日


ブリダバンについて


ガティマンエクスプレスに乗る


You Might Also Like

0 コメント