有名な珍スポット ラオス ブッタパーク

By 000 - 2017年9月7日

奇界遺産や珍スポットという言葉に反応しちゃうあなたは一度は耳にしたことがあるでしょう。ヘンテコスポットは辺鄙な所にあって行くまでが大変!な事が多いですが、このブッダパークはアクセス簡単!珍スポット巡り入門編にはぴったりの場所です。


スポンサーリンク




  1. ブッダパーク(ネタバレあり)
  2. ブッタパークまでの行き方

タイトルクリックでジャンプできます


ブッダパーク(ネタバレあり)



ブッタパークへの入場は5000キープ。カメラを持っていると(のがわかると/笑)+3000キープ。スマホは手に持っていましたがカメラ代は取られませんでした。朝8時~17時までの開園です。


ここからはネットでもよくある実際のブッタパーク内部の写真です。

ブッタパークといえばこの方

毛が葉っぱってのがシャレオツ

口の中から上へあがる事ができます。が、おじさんの内部がなかなかデンジャラス。

まず身長が高い方は頭上注意。そして見てくださいこの階段。

ペラペラー


まっすぐ足を置く事なんてできません

この薄さ+とっても鋭角でほぼハシゴのような作り。足元ばっかりみてると狭い入口に頭をぶつけるトラップ。地味に痛かったので注意。

東南アジアスポットのこういうところが好きです。



スポンサーリンク




翼の折れたエンジェール

見上げる高さ

メキシコチックなガイコツ

花と一緒に生えてる

入口から順に見ていくと左手にお手洗いや小さなお子さんが遊べるような遊具や正面奥にはメコン川を見ながら食事ができる場所もありました。

ブッタパークまでの行き方


ブッダパークはビエンチャンの中心部から車で1時間ほど走った場所にあります。


周辺は舗装されていない道が続くのどかな風景。

バスでの行き方


ビエンチャンマーケットがある中心部にkhua dinという主要のバスターミナルがあります。ブッダパークへ行くには14系列の友好橋(Friendship Bridge)行きに乗りますが、14番系列のバスはkhua dinバスターミナルからは乗れません

人がたくさんいるkhua dinターミナルを横目にマーケットを進むと小さめのターミナルが見えてきます。このターミナルから14系列は発車します。(地図のドロップは14番系列の発車場所)

バスがどんどん入っていくので場所はわかりやすいと思います。ネットで調べると

・14番と書いてあるバスで友好橋まで行く
・そこからミニバスでブッダパークへ行く

これが一般的な行き方みたいです。

小さなターミナルには途切れることなくバスが列を作って入ってきますが止まるバスは全て100番単位のバス。


列を作るバスの傍でスタッフが案内をしていたので教えてもらいました。よく見るとバスの電光掲示板には英語で行き先が流れていました。

声かけ案内している人が常にいたので聞いたほうがはやそう。


乗り込んだバスは友好橋が終点ではなかったようで乗客を降ろすとまた走り出した。

友好橋を越えるとコンクリート舗装ではないボッコボッコ道。砂埃を巻き上げながらバスはグワングワン進んでいきます。しばらく揺られていると車掌さんが「ブッダパ~ク」って。

バスはブッダパーク前に着きました。ここまで6000キープ。

帰りはブッタパーク前からバスに乗ることができます。思ったよりも本数がありそう。

バスが到着するとクラクションを鳴らして教えてくれるので、入り口付近にいれば聞こえるはず。



ブッダパークは思ったよりも広くないので見て回るのにそんなに時間はかかりません。アクセスも簡単なのでB級観光にはぴったりのスポットです。


最後までありがとうございました

スポンサーリンク



You Might Also Like

0 コメント