EAT

ベトナム人の友達がオススメするベトナム料理を実際にベトナムで食べてみた

By 000 - 2017年8月12日

ハノイではたくさんのベトナム料理を食べました!














  1. ベトナム料理の特徴
  2. ・香草と魚醤(ナンプラー)
  3. ・辛くない
  4. ベトナムのおこわ 有名店 XO1 VAN
  5. バケットサンドのバインミー
  6. フォーやブン。麺の数々
  7. バケットサンドのバインミー
  8. ・日本での知名度抜群 フォー
  9. ・つけ麺 ブンチャー
  10. ・冷やし混ぜ麺 ブンティットヌォン
  11. タイトルクリックでジャンプできます




ベトナム料理の特徴


香草と魚醤(ナンプラー)


東南アジア料理には欠かせません。どちらも強烈な存在感があります。

パクチーをはじめとする香草はこれでもかって位入れるし、本場の人はそれでは足らずに葉っぱのままムシャムシャ食べる。初めは苦手な人も本場の香草入り料理を食べていくと、香草なしの東南アジア料理が物足りなくなってくるはず。


ナンプラーは日本で言う醤油と同じような役割。和食には基本調味料として醤油が欠かせないように東南アジア料理にも欠かせません。醤油よりだいぶ個性的ですが。ベトナムではヌクチャムというナンプラーベースのタレを使うことが多く、味は「すっぱしょっぱあまい」


辛くない


ベトナム料理は近隣諸国のような辛い料理は基本にありません。

全体的に優しい味。朝ごはんにぴったりな料理も多いし、具合が悪い時にも食べられそうなものも多いです。

中華の優しい部分とフランス文化の影響を受けているベトナム料理は日本人にとってはハズレが少なく食べやすい料理が多い印象です。




ベトナムのおこわ 有名店 XO1 VAN


ベトナムのおこわって何?
蒸したもち米で、炒めた肉類やフライドガーリック、緑豆のペーストなどを乗せて食べる。軽食やおやつ感覚で食べている人が多いです。

今回の旅行で食べたおこわは2種類。一つ目は移動式屋台の豆のペーストとお肉、フライドガーリックが乗ったもの。

もうひとつがこちら

こうやって見るとおこわっぽくないですね。漬物あるし(笑)しかーし、このきゅうりの漬物がまたおいしい。おこわとお肉と絶妙なハーモニー。

このお店のおこわは少し甘みがありました!!!そこもおいしいポイント。お店はハノイ駅やホアンキエム湖、セントジョセフ教会からも近いので足を運びやすいです。




一見カフェかファストフードに見えるこちらのお店の外にはおこわのメニューの一覧がありました



トッピングなんかも色々選べる!

今回は一番シンプルなものにしました。










バケットサンドのバインミー


バインミーって?
フランス統治時代の文化でベトナムではフランスパンを食べる習慣があります。バインミーはフランスパンを使ったサンドイッチで、香草、オニオン、なます?ソーセージや肉、コンビーフ等具材は様々。店によって具が変わります。ケバブの中身をフランスパンで挟んでいる店もありました。

ラオスにも同じものがありカオチーと呼ばれています。


バインミーはどこにでも売っています。




結構食べ応えがあって女性ならひとつでおなかいっぱいになっちゃうかも!ラオスでもベトナムでも朝ごはんで食べてる人が結構いました。


フォーやブン。麺の数々


東南アジア料理に麺は欠かせません。

米粉、タピオカ粉、小麦粉など原材料の違いや太さの違いなど種類が豊富!フォーとブンの原材料は米粉でフォーは平たく、ブンはそうめんのような感じ。作り方が違います。

日本での知名度抜群 フォー


きっと正式なベトナム語の料理名だとフォー○○など変わってくると思いますが、多すぎてわからなくなりました(笑)

私が思っているフォーは基本は牛骨か鶏ガラでだしを取っているあっさりスープで、さまざまな肉やパクチー等の香草が乗っている印象。

このお店のメニューには お肉の種類+フォー が料理名になっていました。
牛肉と


鶏肉

そのままでも十分おいしいですが好みで唐辛子、ライム(マナオ)など調味料を追加して自分好みの味にするのが東南アジア流。ハノイのフォー店はどのお店も安くて量が多かった!スープもおいしいからゴクゴク飲んでしまいます。


つけ麺 ブンチャー


ブンチャーって?
ヌクマム(砂糖なしナンプラー)ベースの少し甘めのつけだれの中には、炭火で焼いたつくね、豚肉が入っています。そこに米麺をつけて食べる料理。付け合わせに山盛りの香草がついてくるのでお好みで一緒に食べます

ブンチャーって米粉麺とスープはどこのお店も大きな違いってなさそうだなと思っていました。おいしいおいしくないの分かれ目はやはり肉でしょう!!!


セントジョセフ教会前にあるこちらのお店のお肉は柔らかくて炭火の香ばしさがありとてもおいしかったです



ブンチャーのスープは甘くて少しすっぱいです。(スープの中に漬物?が入っていたのでその味のような気がします)

柔らかいお肉

ブンチャーはハノイ発祥らしいのでハノイに足を運んだ際には是非一度ご賞味あれ



冷やし混ぜ麺 ブンティットヌォン


ブンティットヌォンって?
ヌクマムベースの少し甘めのつけだれの中には、炭火で焼いたつくねや豚肉、生野菜、なます、ピーナッツなどが入るサラダ麺のような料理

下には

野菜がたくさん!

個人的にこの混ぜ麺が大好きです!

暑い中食べるとよりおいしい。冷たさと香草のさわやかさ、タレのさっぱりしたすっぱさがたまらない。冷やし中華のもっとさっぱりしたイメージ。




いかがでしょうか。今回は実際に私が食べたものをご紹介しました。

ベトナム人の友人には旅行前に「絶対にブンチャーとバインセオは食べな」って言われました。ベトナム人的にも絶対はずせない料理みたいですよっみなさんもぜひ

最後までありがとうございました

ハノイの食べ物シリーズです

練乳コーヒーが苦手な私も大興奮!ハノイの玉子コーヒー!


有名なバインセオ屋でぼったくられた話おばあちゃんのバインセオ


ハノイのゲテモノ料理。羽化する寸前の玉子を食べようバロット、チュンビロン













You Might Also Like

0 コメント