バンコク名物2メートルのオオトカゲ

ルンピニ公園

By 000 - 2017年6月20日

バンコクのルンピニ公園といえばオフィス街にある大きな公園としてガイドブックに載るほど有名な場所です。

そしてルンピニ公園といえばタイ名物大トカゲ。小さい個体でも尻尾まで入れると軽く1メートルはある大型のトカゲちゃん。このミズトカゲがルンピニ公園にはわんさかいるんですね。











  1. 2メートル級のトカゲ
  2. オオトカゲの貴重な食事シーンに遭遇!?
  3. ルンピニ公園の場所
  4. タイトルクリックでジャンプできます



2メートル級のトカゲ


2016年の夏から秋にルンピニ公園のミズトカゲが増えすぎたという事で約200匹を郊外の県へ移送したとニュースになっていました。おとなしく人を襲うことはないけど、公園内の植物を食べちゃうみたいですね。

そんな大移動が行われた後だから見つける事できないかも、、なんて心配は必要ありませんでした。


公園に入ってすぐ今回の最大級トカゲに遭遇。

ビューティホー

愛らしい後姿

見つけた瞬間ワニかと思ったほどの大きさ。体はとても大きいですが動きはゆっくりで一定距離以上人間には近づいてこないし、こっちが近寄ると離れていく。噂通りおとなしいみたい。

それにしても胴回りの肉厚っぷりがすごい。尻尾でひっぱたかれてみたいとかしょうもない事思いながら眺めてた。

もくじへ戻る


オオトカゲの貴重な食事シーンに遭遇!?


興奮冷めやらぬまま、公園内を歩き始めたら同じ水路内でおじさんが立ち止まって何か見てた。こっちおいで!って手招きされたから行ってみると


これまた大型!だけど今回は動きがおかしい。木に顔をすりつけてる。回り込んでみてみると



ひゃー

なんかでてる!!!!

木に口元を押しつけて魚を押し込もうとしていたトカゲちゃん。賢いですね。飲み込まれてる魚は川によくいる種類だと思いますが、そのへんのコイより大きい魚の気がする。すごいですねー。



ゆっくりゆっくり飲み込もうとしてるけど完全に魚のヒレが引っかかって飲み込めないでいる模様

笑。かわいい

ぜんっぜん飲み込めない

しばらくするとほかのトカゲが近づいてきました。心配してるのか口の中の魚を横取りしようとしてるのか。


ちなみにまわりにはカラスが集まっていて、しまいには口の中の魚を突っついていました。カラス強し。

人間が見てるから警戒して飲み込めないのかもしれないので、そっとその場を離れました。ちゃんとのみ込めたかな。

その後ほかの池も見てみようと思い公園内をぐるっとまわりました。トカゲは数匹見つけましたが、はじめにすごいのを見てしまったので後の子はインパクトに欠ける。全長1メートルは超えていても肉厚っぷりが物足りませんでした。

もくじへ戻る



ルンピニ公園の場所


ルンピニ公園の場所とトカゲが多かった池の場所



MRTルンピニ駅かシーロム駅が最寄り駅。

今回トカゲが一番集まっていた池はルンピニ駅側の入口からすぐの場所でした。

ルンピニ駅2番出口はライフセンターというモール目の前に出られます。ここにはレストランやカフェがいくつも入っているので休憩する場所としては最適。ライフセンターから道路を渡るとすぐにルンピニ公園が見えます。


駅からルンピニ公園への最短出口は3番。
今回一番集中してトカゲがいたのはルンピニ駅側の門を入り左の方に進むとすぐに見える水路と池でした。訪れた時間帯は夕方4時過ぎです。


ルンピニ公園は朝4:30から夜9時までが開園時間。

最後までありがとうございました










You Might Also Like

0 コメント