バンコク中心部の渋滞をスルー!センセープ運河の船

乗り方と注意点

By 000 - 2017年6月1日



BTSはいつも混んでるし、道路も渋滞するし。。MRT沿線に住んでいる私にとっては良い交通手段です。










  1. センセープ運河
  2. センセープ運河の船に乗る
  3. ・MRTペッチャブリー駅近くにある船着場
  4. ・船の乗り降り
  5. ・便利だけど心配な点もある

タイトルクリックでジャンプできます


センセープ運河



画像参照:バンコクナビさん、khlong SEAN SEAP ex boat公式HP

この路線はちょうどバンコクのショッピングスポットを通ります!バンコクにはチャオプラヤ以外にもこのような細い川(という名のドブ)を船が走っていて、バンコク都民の生活に密着した交通手段なんですね。

今回は短い距離ですが、MRTペッチャブリーからプラティナムファッションモールへ行きました。

MRTペッチャブリの最寄船着場はasok pier、プラティナムファッションモールの最寄船着場はPratunamです。

BTSを使っていった場合ファッションモールまで歩くのは地味に面倒(屋根あるけど)。それが船着場からだと道路を渡ってすぐモールに到着できるので、私が住んでいる場所からだとずっと快適に行くことができます。


センセープ運河の船に乗る



MRTペッチャブリー駅近くにある船着場


ペッチャブリー駅2番出口から地上へ出たらUターンして進むと1,2分で船着場、asok pierへ到着。駅構内の出口案内にも船着場は記載してあります。



ポイント

路線図はありますがタイ語のみ。隣の船着場は英語表記がありますが、行きたい船着場がどっち方面なのか事前に確認したほうがスムーズです。

隣の船着場は英語表記あり



船の乗り降り


路線バスと同じ雰囲気があります。さっさと動かないと行ってしまいそうな勢い(笑)

ぶおーん


支払いも路線バスと同じく係員が声をかけにくるので行き先を伝えてお金を渡します。asok pierからPratunamまでは12バーツでした。MAXで20バーツらしいので細かいお金を用意したほうがいいですね。

オレンジのライフジャケットを着ている人が係員


各船着場にはアナウンスはありません。目で船着場の名前を確認してください。上の英語表記看板は船に乗っていても見えるくらいの大きさはあるので安心。降りるときは船が停まったら勝手に降りて大丈夫です。


ポイント

この路線は繁華街を走るため利用客がかなり多い。行きも帰りも満席でした。

停船時間は短いです。限られた時間で多くの人が乗り降りするので乗り遅れないように、そして何より船から落ちないように気をつけてください。










便利だけど心配な点もある


便利な交通手段ではありますが、走るのは運河という名のドブ川です(2回目)

勢いよく川を進んでいくので水しぶきがかかることがあるんです。


乗りなれているバンコク民でもずっと口を覆っている人やビニールを一生懸命上げている人もちらほら。座席の端に座って吊り輪がそばにあった場合はそれを引っ張るとビニールが伸びて水しぶきを防ぐことができます。

輪がそばにあったらあなたが引っ張る役目です!(笑)周りの人を守ってあげましょう


誤ってこの川に転落した芸能人が多量に水を飲んでしまい、細菌による感染症で亡くなってしまったという事故がありました。それだけ汚染されている川みたいです。

絶対口に入れたくないですね。


他には船の整備不良や劣化での事故。

これもタイの路線バスと一緒。タイではたまに路線バスが炎上、爆発します。このセンセープ運河の船も同じ。

絶対いやだ。

船の天井にライフジャケットはあるそうですが、絶対に落ちたくないですね。


見ていた感じだと段差が大きく若干船も揺れるので足腰が弱い方は乗り降りが大変そうでした。

乗りなれてしまえば便利な交通手段ですがローカル色が強め。それもまた旅の思い出になるので短い区間でも乗ったら楽しいかもしれませんね

くれぐれも落ちないように気をつけてください


それでは、最後までありがとうございました









You Might Also Like

0 コメント