タイからカンボジアへ。国鉄列車に乗って陸路で国境を越えよう!

By 000 - 2017年5月1日


日本国民の私達は 「歩いて国境を超える」ってピンとこないですね。

私は陸路での国境越えに憧れがありました。アンコール遺跡群が見たかったので初めての陸路国境越えはカンボジアに決定!そんな陸路での国境越えの話


  1. フアランポーンから国鉄に乗ってアランヤプラテートまで
  2. バンコクの3、4、5月のエアコンなし国鉄列車はおすすめしない
  3. ・バンコクの暑期に国鉄のエアコンなし車両に乗ると、地獄を見るぞ
  4. ・空いているのは最初だけ
  5. アランヤプラテートから国境へ
  6. ・アランヤプラテート駅からタイ国境まで徒歩では遠い
  7. ・豪雨時のトゥクトゥクは避けるべし
  8. カンボジア入国手続き
  9. ・カンボジア入国にはビザが必要
  10. ・タイ出国イミグレーション1はタイ人、2階が外国人
  11. シェムリアップヘの行き方
  12. ・カンボジア国境で治安が悪いと有名な町 ポイペト
  13. ・プリングルスが1000円。ぼったくり注意の途中休憩

タイトルクリックでジャンプできます





フアランポーンから国鉄に乗ってアランヤプラテートまで



バンコクの国鉄始発駅、フアランポーンには朝から人がたくさんいます。というより夜から寝てるであろう爆睡っぷりの人が多い。

扇風機などの大荷物を抱えている方もたくさん。

IMG_2182.JPG

国境があるアランヤプラテート駅までは3等車50バーツ程でいくことができます。

チケットに書いてあるホームへ向かうと発車時刻30分前でしたがもう電車が待機していました。

3等車は自由席でエアコンなし、ファン付きです。座席はクッションなので一応ぷにぷに。

乗車前に大量の食料を買いました。なんせ6時間かかりますからね(笑)

気晴らしに食べてないと飽きちゃいます。列車は定刻で出発。
もくじへ戻る



バンコクの3、4、5月のエアコンなし国鉄列車はおすすめしない



まだ日が昇り切っていないので涼しいー。

エアコンがないので開いている窓が多くとても気持ちいい。これなら快適な6時間を過ごせそうです。







と思ったのは一瞬の事。

時間が経過すると力強すぎるタイの朝日がガンガン入ってきます。

あっという間に車内は蒸し風呂。あんなに気持ちの良かった風が温風、そして熱風へ変わる。

世界の車窓からの雰囲気は一瞬で消し飛んだ。

そういえば忘れてました。4月のバンコクは暑期です。


バンコクの暑期に国鉄のエアコンなし車両に乗ると、地獄を見るぞ


タイには暑期、雨季、乾季 3つの季節があります。

大体3月~5月が暑期、5月半ばから6月~10月頃までが雨季、11月~2月が乾季です。

乾季が一番過ごしやすく、朝夕は涼しいくらいです。日中も汗をかかないことも多いです。

一番辛いのが暑期。外にいるだけで汗が出てきます。家から出たくない。


暑期の3等車は汗と熱風でべたべたになります。

椅子に接している太ももとお尻のべたべたを乾かそうとしょっちゅう立っては電車の接続部分で涼む。


お手洗いでずっとお尻を出していたいと思いましたが、きれいなお手洗いではないので断念。



空いているのは最初だけ


はじめは余裕があったので向き合いの4人かけ席に荷物を広げてのんびり座っていました。

が、駅を通過する度に乗客もどんどん増えていき、最終的にはしっかり4人席が埋まりました。



暑くてお尻も痛くなってきて(←軟弱)食料も食べつくして(←)あとはただひたすら暑さとの戦い。

そんなこんなで悶絶していたら、通路反対側に始発駅から座っていた青年が話しかけてきました。

カンボジアから働きに来ていてビザの更新の為国境へ行く予定のよう。

もくじへ戻る



アランヤプラテートから国境へ


アランヤプラテート駅からタイ国境まで徒歩では遠い


乗り物に乗らないと大変って事で一緒に行く事になりました。


豪雨時のトゥクトゥクは避けるべし


もう少しで駅に着く頃、外を見ると満点の曇り空。雨降ったらやだなーと思っていたら青年は

この時期にこんな天気珍しいね。
でも雨は降らないと思うよ。ここ数カ月雨なんてふってないからね

現地青年の言葉の説得力!安心しきった私達は無事にアランヤプラテートへ到着。あれ、とてっっつもない豪雨。


青年はびしょぬれになって笑ってる。私もびしょぬれになって笑うしかない。

彼は「サバ―イ サバ―イ」と言っている。サバ―イって何?

気持ちいいって意味だよとニコニコ。


まるで滝行。確かにサバ―イ。

サバ―イサバ―イと言いながら乗り物を探します。

電車から降りた周辺は豪雨から逃げ惑う人々と客引きのトゥクドライバーと打ち付ける豪雨でごっちゃごちゃ。

要領のいい皆さんは素早くタクシーに乗り込んだらしくタクシーが1台もいなくなった。

サバイサバイ言ってて完全に出遅れた私達。


残り少ないトゥクトゥクに飛び乗ると、同じようにタクシーの波に乗り遅れた人が飛び乗ってきた!

車内がこれでもかってくらいパツパツ。そして窓もないトゥクトゥクでビショビショ。


だけどこういう予想外の出来事が旅行の思い出。しばらくの滝行を経て国境のイミグレへ到着した。

もくじへ戻る



カンボジア入国手続き


カンボジア入国にはビザが必要


当時は日本在住だったので事前にネットで取得しました。

必要事項を入力するだけなので大使館にわざわざ行くより断然ラク!陸路でのイミグレでもビザの取得はできるようです。



タイ出国イミグレーション1はタイ人、2階が外国人


外国人旅行者の流れに沿って歩いていけば大丈夫!

タイを出国したら、カンボジア入国イミグレまで移動します。

タイ出国→カンボジア入国イミグレまでは歩いて行ける距離でした。

もくじへ戻る



シェムリアップヘの行き方


シェムリアップまでの行き方は3パターンあります。

バス、タクシー、ロットゥです。
所要時間はどれも同じような感じ。価格が少しずつ違うといったところでしょうか。

観光客同士でタクシーを相乗りするのが安かったという体験談は見た事があります。




カンボジア国境で治安が悪いと有名な町 ポイペト


ポイペトを訪れるのは初めてでした。

体験談を見たり聞いたりしてもあまりいい話はありません。

タイからカンボジアへ来る観光客を狙って、ビザを理由にした詐欺やカンボジアの各方面へ行くと偽った偽物バス、強盗、強姦など出てくる出てくる。

実際にカンボジアイミグレーションを出た瞬間にたくさんの客引きに声をかけられました。

イミグレーションを出てすぐの場所にバスターミナルまでの無料シャトルバス乗り場の看板があり、ラッキーな事にバスも停車していました。

ちょうどいいのでそのまま乗車しバスターミナルへ到着。10ドル位でシェムリアップまでのチケットを購入。

ミニバンで揺られること2~3時間でシェムリアップに到着しました。下ろされた場所はターミナルではなくその辺の道端。




プリングルスが1000円。ぼったくり注意の途中休憩


道中1度だけ、よくある田舎の商店に立ち寄りました。が、置いてある商品の価格がちょいちょいおかしい。

何でもいいから商品を買え買え言ってくるし(笑)


まだ両替をしていなくてバーツしか持っていませんでした。しかもたまたま大きなバーツのみ。

バーツもOKってことで正常価格の飲み物とスナックを購入。おつりはカンボジア通貨のリエルで帰ってきました。

この時はリエルの価値を知らなかったから気づかなかった。おつりを盛大にちょろまかされていたことに。


あとで数えたら結局スナックと飲み物を1000円近くの金額で購入していました。

1000円位ならまあいっかって思っちゃいそうだけど、悔しい!!人生初めてちょろまかされた!


というように国境付近には、か弱い旅行者を狙った狼達が潜んでおりますので自分の身は自分で守る注意が必要ですね。




最後までありがとうございました


































You Might Also Like

0 コメント