EAT

幼虫スナックがコンビニで売ってるタイ。食べてみたよ。

By 000 - 2017年5月20日


コンビニで虫スナックが買えるって、、、シュール心をくすぐられるなぁ。













  1. 虫を食べる事について
  2. ・近い将来「虫を食べる=健康的」なイメージに変わるかも!?
  3. ポテチの隣に虫スナック
  4. 幼虫スナックのお味
  5. ・マサマサ、モサモサ。まとわりつく食感
  6. ・おふざけ土産にはいいかも!





虫を食べる事について


虫を食べる事の歴史は古く、世界の広い地域で一般的な事でした。


日本も例外ではありません。

イナゴやハチの子はとても有名な食材ですね。

とくに山に囲まれ、海の食材が手に入りにくかった長野県は昔から虫を使った料理が有名です。



といっても、平成を生きている私達日本人には「虫を食べる=気持が悪い」が一般的な感覚かもしれませんね。笑


エビとかカニ、貝が普通に食べられるのにどうして虫だと気持ち悪いのかな?なんて個人的には思います。

どっちも同じような見た目




タイやラオスの山岳地帯、アメリカのアマゾンなど山や森が豊かな地域では今でも貴重な栄養補給として虫が食材になっていて、タイは都心のバンコクでも虫が買えます。

観光客が多いスポットでわざと販売している屋台もあるんです

近い将来「虫を食べる=健康的」なイメージに変わるかも!?


今後、人口増加による深刻な食糧危機に陥る可能性を国連食糧農業機関(FAO)が指摘しています。

その解決策の1つとして栄養価が高く、家畜に比べて少ないエサで育てることができる昆虫食を推奨しているらしいです。

もくじへ戻る



ポテチの隣に虫スナック



かわいくデフォルメされたイモムシちゃんが目印



価格は90円程。味はより取り見取りな4種類!

のり、チーズ、バーベキュー、オリジナルフレーバー(←)

ラオスのビエンチャンではチーズ以外の3種類、バンコクではのり以外の3種類を見かけました。お店によって違うみたいですね。

オリジナルフレーバーってなんだいと思いつつもちろん購入。

ほかにもイナゴ?バッタ?バージョン有。

もくじへ戻る





幼虫スナックのお味


この商品正式にはシルクワームなのでカイコです。カイコのさなぎ。

袋の中にはこちらがたくさん入っています。



さなぎを砕くと中にはカイコ



今回はオリジナルフレーバーとバーベキュー味を購入。


マサマサ、モサモサ。まとわりつく食感






なにこれ全然おいしくない(笑)






さなぎがナッツ系の薄皮みたいに口全体にまとわりついてくる。中のカイコはポソポソ食感。

味はどちらも若干苦い。漢方みたいな味がする。

東南アジア人にはこのスナックはウケるのかしら?

今まで食べた珍食材、ゲテモノといわれる料理の中で一番おいしくなかった!

オオグソクムシの揚げ物の方がおいしかったよ。


おふざけ土産にはいいかも!


味は置いといて、値段も安いし日本ではまず売っていない代物で軽くて手軽に運べる。インパクトもある。

今月日本に帰国する用事があったので一瞬帰国のお土産に実際買っていきました。

変なもの好きの母は喜んでいましたが、一般的な感覚の友人達は引いていました。

変なものが好きな人には喜ばれるかも!でもおいしくはないよ!



以上、コンビニで買える幼虫スナックでした!


最後までありがとうございました










You Might Also Like

0 コメント