インド定番イベント発生。猛烈な吐き気の中デリーからアグラへ列車で向かう

By 000 - 2017年3月28日


初日に11時発のチケットを購入していた。朝5時、猛烈な吐き気で目覚める。
  1. 列車3時間の記憶はほぼない状態でアグラへ到着
  2. ・体調不良の原因
  3. おすすめの早朝タージマハル
  4. ・前日にリクシャーのピックアップを予約
  5. ・早朝はタージマハル西門へ
  6. ・チケット購入のポイント
  7. 朝霧に包まれるタージマハル
タイトルクリックでジャンプできます


列車3時間の記憶はほぼない状態でアグラへ到着


吐き気なんて何年ぶりだろうか。そもそも具合が悪くなるなんていつぶりだろうか。体調不良に慣れていないので大袈裟に辛く感じる。

マーライオンの如く全て吐き出した🐳🌈⛲

連れが起きる時間までに全て吐き出し何事もなかったかのようにしよう!と思いひたすらマーライオン。出し尽くしても続く胸のムカムカ。これはまずい。ついに連れが起きてしまった。泣く泣く体調不良を伝えるとタージマハルは逃げないからアグラへの移動をキャンセルしよう!と言ってくれた。

しかしそれは私が嫌だ!!這ってでもアグラへ行ってやるとワガママ発揮しなんとか予定通り列車へ乗れた。


デリーの駅に向かうまでは短い距離でしたが、屋台の匂いが吐き気に拍車をかけるし客引きもうるさいし、混雑っぷりもうるさいし、うわーーーーーーーー!って叫びたくなった。

列車ではひたすら寝続けていたようで、写真に収められていた顔は真っ青で幽霊みたいでした。

後で列車内での動画を見せてもらいましたが、前の席の家族と交流したり列車内販売のお弁当を食べたり、列車の接続部分から外を眺めていたりととても楽しく過ごせたようでした。3等列車の移動は楽しいみたいですよ(笑)


起こされたときにはアグラカントの駅に到着していました。出発時よりムカムカがなくなっていました。ただ、何も食べたくない。見たくもない。

アグラ駅を降りると客引きの団体さん。おかまいなしの客引きさん。

このタイミングで必殺マーライオンを繰り出せればよかったのに🐳🌈⛲

生憎、出すものがなかったのでフラフラ隙間を縫っていく。


駅から離れてもリクシャーの客引きが永遠と付いてくる。ボロボロのリクシャ―を指さしながらインディアンヘリコプターとかニコニコ言ってくる。なんだそれ。思わず笑ったがそれどころではない。

「今具合悪いから愛車の中で吐くかもよ?」と言うと大体が離れて行ってくれた。

宿に着き、この日はひたすら寝るに徹した。タージマハルは翌日の早朝で行くことに。


次の日、吐き気はなくなっていました。吐き気がなくなれば動くのに問題はない!

結構熱が出ていたみたいで身体中の節々が痛く、頭がクワンクワンしましたが元気に動く事ができました。インドでの食中毒はざらに一週間は寝込むと聞いていたので1日で治ってくれて本当によかった!


体調不良の原因


症状は猛烈な吐き気と高熱、寒気でした。不思議と下痢はなくほぼ1日で治った。

原因として思い当たる節は

前日に私だけがガンジス川沿いのチャイを飲んだ

インドに住んでいた事がある知人から聞いた話だと「ガンジス川沿いのチャイは川の水使ってるから絶対飲むな」が常識らしい。熱加えてるから平気じゃない?とか思うけど、細菌は煮沸でOKでも工業排水系の物質が残るらしい。



バラナシの空港でチキンラップを食べた

手で食べたから手に細菌がついていたとか?



ガンジスのお祈りで水が体に入った

メインガートでやってもらったお祈りの時?あれだけで?とも思うけど。



連日のほぼ水シャワーの冷えに負けた

お風呂が好きなので水シャワーは辛かった。


こんな感じですかね。なんにしても赤痢とかじゃなくて本当によかった!



おすすめの早朝タージマハル


前日にリクシャーのピックアップを予約


私が潰れている間にリクシャーのおじさんとピックアップの約束をしてくれいていて、朝5時30頃世界遺産タージマハルへ向かうことになっていました。
早朝リクシャー捕まえようとすると金額交渉やらなんやら面倒なことが多いと町の人にアドバイスをもらったそう。

私が役に立たずなのに反して連れのグッジョブ具合。笑

当日すっぽかされることもあるかもね、なんて話していましたがきちんと約束の時間に来てくれました!ダウンを着てちょうどいいのではないかという寒さの中毛布をかぶって待機していてくれたリクシャーのおじさんありがとう!


早朝はタージマハル西門へ


開門する時間が場所によって違うらしく、西門は早朝開門するとのことでタージマハル西門に繋がるストリートへ到着。

まだ6時前だというのにチャイ屋さんはあいていました。チャイ屋さんを見つけると買わずにはいられない。寒い中飲むチャイは別格においしい。チャイをすすりつつしばらく歩くと、うす暗い中に開門を待つ人の列が見えました。チケットオフィスにもすでにたくさんの人。


チケット購入のポイント


外国人旅行者は一番左に専用ブースで列は男女別れて並んでいました。

チケットオフィスの一番左端で水と靴カバーを配っていて、購入したチケットを見せるともらえます。

ただ、凍える寒さの中1リットルの水は邪魔でしかありませんでした。笑

早朝や寒い時期に行かれる方は水は必要ないかも?逆に日中日差しの強い時間帯に行く場合は助かりますね。

開門したらボディチェックを受けて中へ入ります。危険物はもちろん持ち込み禁止ですが、自撮り棒やタバコもダメみたいです。


朝霧に包まれるタージマハル


日の出前、霧のベールの中で白く光るタージマハルは神秘的でした。





日が昇った後のタージマハル


日が昇ったほうが色が鮮やかですね。これで朝8時過ぎ。



門のまわりを縁取るのは

コーラン


タージマハルに足を運ぶ人なら必ずどこかで知ることになるであろう土足禁止ゾーンでの写真撮影厳禁。

タージマハル内で写真を撮ろうとしてる人やっぱりいました。インド人観光客だと思いますが近くにいたおじさんに怒鳴られてました。土足禁止ゾーン以外での写真撮影はOKです。


写真といえば、バラナシでもそうでしたがタージマハルでも何故かインドか中東系の外国人に一緒に写真を撮ろうとよく言われました。平たい顔族が珍しいのかい?


9時前にはタージマハルを後にしましたが、人がどんどん増えてきていたので噂通り日の出前に見学するのが一番ゆっくり見られそうでした。

ただ早朝だと敷地内のミュージアムは開いていませんのでご注意を。



最後までありがとうございました

インドシリーズ

ホーリーについて


インドビザ取得できるのか


インドビザ取得結果


ニューデリーで国鉄チケットを買う


ニューデリー 子供の襲撃


ニューデリーで人ごみに飲まれる


ヴァラナシ 神秘のマニカルニカガート


ヴァラナシ


猛烈な吐き気に襲われる


次回 ホーリー当日


ブリダバンについて


ガティマンエクスプレスに乗る

You Might Also Like

0 コメント