タイのドラえもん寺 ワット・サパンシウ―

2016年秋から従来の行き方ではいけなくなりました

By 000 - 2017年1月18日

仏教と22世紀猫型ロボットの異色コラボレーション。













  1. ドラえもん寺 ワットサパンシウ
  2. ドラえもん寺のアクセス
  3. ・なかなか伝わらないワットサパンシウ
  4. ・行きはよいよい、帰りは、、
  5. まとめ
  6. タイトルクリックでジャンプできます




ワットサパンシウ


一見普通のお寺。ドラえもんの気配しないじゃーんと思っていたらいました!青いまん丸!!!!ネットでよく見る写真です。


さて、ドラえもんの壁画はどこかな。お寺の人に遭遇すると、すぐにドラえもんか?と聞かれる。案内してくれた。

お堂も普通

ただ、お堂側の門をよく見ると、、


お堂内壁4面上から下までぜーーーーんぶ壁画

青年たちが行事ごと?の準備をしていました。

作業をしている中邪魔してごめんね、と思いつつこの壁画の中からドラえもんを探す。ドラえもんを探し始めると青年たちがヒソヒソ声で「日本人だ日本人だ」言ってる。


このドラえもん探し、かなり難しい。お堂暑いし。

全然見つけられないでいたら、青年たちが一緒に探してくれました。みんなでドラえもん大捜索。

あんたたち仕事しなくていいのかい。

ここにいるよ!と教えてくれてる


+この中はネタバレドラちゃん集。自力で見つけたい方はスルーでお願いします

どこだ!




























アングリーバードや仮面ライダーなどの人気キャラクターも混ざっていました。

割と新作らしい

キャラクターもかわいいですが仏教の絵もコミカルなんです。


(写真は一部抜粋です。まだまだドラえもんはいます!)

お寺の敷地は広く、奥のほうに行くと食堂?的なところもありました。ご飯を食べたりしてゆっくりするのも気持ちいいかも。


ドラえもん寺のアクセス


お寺はスパンブリ―県にあります。


多くのネット情報は、ビクトリーモニュメント(アヌサワリー)からのロットゥに乗ると記載されていますが、2016年秋からビクトリーモニュメントの巨大ロットゥ乗り場が廃止され、各方面のバスターミナルへ分散されました。(ビクトリーモニュメント発のロットゥもいくつか残っているみたいです)。


スパンブリ―方面のバスターミナルはこちら


サーイ・タイ・ガオ(旧南バスターミナル)

このバスターミナル、電車で行けない場所なのでアクセスが悪いです。28、35、183、511、556番のバスで行けるそう。

2017年頭にはビクトリーモニュメントからそれぞれのバスターミナルへの無料シャトルバスが出ていたのでそちらを利用して旧南バスターミナルへ向かいました。

なかなか伝わらないワットサパンシウ


ターミナルのおばちゃんに行き先を伝えるが、スパンブリ―は通じるのにワットサパンシウが通じない。持っていたタイ語の表記を見てもらうと


あー ワットサパンシウー

とすぐにわかってもらえました。有名なお寺みたい。

タイの人にお寺の名前を言う時には「これでもか!」という位とウーと伸ばして強調してたら伝わります。字を見てもらったほうが早いけど(笑)

スパンブリ―行きの中でも細かく行き先が分かれているよう。おばちゃんはお寺に行くならこれに乗ってねとロットゥまで案内してくれ、運転手にも目的地を伝えてくれた。

スパンブリ―に着いたら、トゥクトゥクでお寺まで向かうというブログがネットでは多かったです。

1時間が経つ頃、ドライバーがYOU~と声をかけてくれたので下車。

あれ、田舎道で降ろされた。ロットゥ降りた瞬間に迷子。どうしようかと思ってふと後ろを見ると門がある。



ドライバーがわざわざお寺を通ってくれたのか、ルートだったのかは不明のままですがバンコク発のロットゥ直通でお寺まで行けました!


行きはよいよい、帰りは、、

周りに何もないお寺から近くの町を目指します。

夕方まで待てば巡回のソンテウがくるらしい雰囲気でしたが、渋滞時間に当たりたくなかったので断念。

お寺前の道路は相変わらず交通量がないけど、何か通らないかなと期待をして待ってみる。15分くらい待っていたらバイタクが通った!

バンコク行きのロットゥターミナルがある場所へ連れていってもらいました。バイタク移動にしては距離を走った気がします。80バーツ位した気がする。(住んでる最寄駅から2駅移動の距離で50バーツ)

ロットゥに乗ってからはスムーズにバンコクへ着きました。帰りはなぜかモ―チットのバスターミナルに到着。モ―チットからもスパンブリ―に行けるのかな?



まとめ


口頭でいうならワットサパンシウ―

ロットゥで行く場合は乗り場でワットサパンシウーを伝えておけばお寺まで直接行ってくれるかも!

お堂の中は暑いのでタオルや水分持参おすすめ

タクシーやトゥクで行くなら往復で交渉したほうがラク

ドラえもん寺は当初普通のお寺だったようですが、絵描き師が無断でドラえもんを書いたのが始まり。子供が「仏教やお寺をより身近に感じてほしい」という思いで、お坊さんがドラえもんを描くことを了承し8年の年月をかけて完成したのが今の姿だそう。



ドラえもん好きにはたまらないお寺でした

最後までありがとうございました











You Might Also Like

0 コメント